« お花見日和 | トップページ | ハイビジョンカメラで撮ろう!Vol.2 »

2008/04/16

京都議定書の第一約束期間?

京都議定書の「第一約束期間」と言う言葉をご存じでしょうか?

1997年の京都議定書で定められた、第一段階の目標期間で2008年から2012年までのことです。京都議定書では温室効果ガスの削減への取り組みとして、各国の温室効果ガス総排出量を1990年から少なくとも5.2%を削減しなければならないと規定されていて、そのき期間の第一段階のこと。

一般的には2008年1月からが期間のはじまりとされていますが、日本での官庁の新年度は4月からで、統計データも4月からになるため、実質的には2008年4月から期間が始まったわけです。日本での削減目標は6%。

省エネ、エコ、グリーン何て言葉を聞くようになって、数年。が、削減目標に向けての努力を国を挙げて進めているという雰囲気がまったく感じられません。そもそも、私自身も第一約束期間に入ったのを最近知りました。

排出量の6%削減と言ってもそれがいったいどれくらいの量なのか?さっぱり分かりません。とは言え、なんにもしないというわけには行きませんから、身近なところから、何かを始めないと行けないのでしょう。

環境省のホームページにある「CO2削減のためのアクション」は以下の通り。

●Act1 温度調節で減らそう
●Act2 水道の使い方で減らそう
●Act3 自動車の使い方で減らそう
●Act4 商品の選び方で減らそう
●Act5 買い物とゴミで減らそう
●Act6 電気の使い方で減らそう

現在、実行できていると言えば、「Act3 自動車の使い方」でハイブリッドカーに乗っていることと、「Act5 買い物とゴミ」で買い物時にエコバッグを使っていることくらいでしょう。新潟市ではごみ収集の有料化が始まりますが、タイミング的には良い時期なのでしょう。 「Act6 電気の使い方」では、こまめにスイッチを切るようにはしていますが、常時、待機電力のかかる電化製品の数は群を抜いていますから、なかなか貢献できているとは言えません。

ようやく始まった「第一約束期間」。まだまだ始まったばかりですが、身の回りの生活で、どんなことが出来るのか?会社としてどんなことが出来るのか?行政としてどんなことが出来るのか?を考えながら、未来の子供たちのためにも、より良い地球を残してあげられるように、少しずつでも良いから、努力していきたいモノです。

« お花見日和 | トップページ | ハイビジョンカメラで撮ろう!Vol.2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/40889499

この記事へのトラックバック一覧です: 京都議定書の第一約束期間?:

« お花見日和 | トップページ | ハイビジョンカメラで撮ろう!Vol.2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ