« 「LOST」を観た!Vol.12 | トップページ | 「ダージリン急行」私的映画考Vol.140 »

2008/05/22

欧州チャンピオンズリーグ決勝!2008

ヨーロッパのクラブチームのトップを決めるヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝戦。2008年5月21日(日本時間22日)、モスクワのルジニキ・スタジアムで行われました。

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)とチェルシーによる因縁の対決。イングランド・プレミアリーグで顔なじみと言うこともあり、お互いの手の内は知り尽くしている状態での決勝戦でしたが、見応えがありました。

早朝の放送と言うことで、とてもリアルタイムでは見られそうもなかったので、HDDレコーダーでタイマー録画しました。試合開始後でしたが、普段より早めに起床して追っかけ再生で鑑賞しました。

前半はマンUが押し気味に展開します。クリスチャン・ロナウドにボールが渡るとスタジアムは歓声に包まれます。華麗なドリブルが光ります。しかし突破も数回ありましたが、得点には結びつきません。

試合が動いたのは、前半26分。センタリングをC・ロナウドが決めてマンUが先制。キーパー一歩も動けず。あの場面で、マークを外してはいけません。その後も押し気味に進めるマンUでしたが、前半終了間際に、チェルシー・ランパードが押し込み同点となります。後半は、押せ押せムードのチェルシーが押し気味に試合を進めますが、両チームとも得点出来ずに、延長戦へ。

退場者を出すほどの荒れ気味の様相を呈してきましたが、両者一歩も譲らず、延長戦も終了。PK戦へ。

両チームとも順調な滑り出しでしたが、マンU3人目のC・ロナウドが止められてしまいます。小細工がアダとなりました。これで、チェルシーが優勝かと思いましたが、なんとチェルシーの5人目が外して、サドンデスへ。

結局、マンUがPK戦を6-5で制して9季ぶり3度目の優勝を飾りました。C・ロナウドが立ち上がれずにいるシーンが印象的でした。これで、マンUはイングランド・プレミアリーグとの2冠を達成となりました。

とにかく、お互いの手の内を知っているだけに、膠着状態が続きますが、スピード感があって見応えのある試合で、面白かったです。

これで、今年の12月、クラブチーム地球一決定戦で日本にマンチェスター・ユナイテッドがやって来ることになりました。どんな試合を見せてくれるのか、少し気が早いですが、楽しみです。

« 「LOST」を観た!Vol.12 | トップページ | 「ダージリン急行」私的映画考Vol.140 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧州チャンピオンズリーグ決勝!2008:

« 「LOST」を観た!Vol.12 | トップページ | 「ダージリン急行」私的映画考Vol.140 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ