« 「LOST」を観た!Vol.11 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.57 »

2008/05/19

「ノーカントリー」鑑賞

先日、「ノーカントリー」を観てきました。ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン監督作品。出演:トミー・リー・ジョーンズ、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ケリー・マクドナルド他。第80回アカデミー賞作品賞、助演男優賞、脚色賞受賞作品。

砂漠でハンティング中に、偶然、死体の山に出くわしたルウェリン・モス(ジョシュ・ブローリン)。銃撃戦の後には、大量のヘロインと現金200万ドルが残されていた。大金を奪ったモスに、すぐさま追っ手がかかる。必死の逃亡を図るモスを確実に追い詰めて行くのは非情の殺し屋アントン・シガー(ハビエル・バルデム)。厄介な事件に巻き込まれたモスを救うべく老保安官エド・トム・ベル(トミー・リー・ジョーンズ)が追跡を始めるのだったが・・・。

髪形も強烈なインパクトを持っているが、言動がなんとも不気味な殺し屋アントン・シガー。冒頭の事件から、残酷に冷酷に目的を達していきます。ドキドキするほどの緊迫感が映像が伝わります。何気ない台詞のやりとりの中にも、なにを考えているか分からないところがあり、不気味さと怖さがあります。

逃げるルウェリン・モスも洞察力に優れ、いざこざに場慣れしている感じはしますが、シガーは一枚も二枚も上。太刀打ちできないのは第三者から見れば当然のこと。その手際の良さから、保安官エドはモスに同情するしかありません。が、足取りがなかなか掴めません。保安官という立場での限界を感じていきます。

台詞が少なめで、風景や段取りを映像だけで見せ、説明し、分からせていくシーンが多く、それがまた、見る者に想像力をフルに発揮させ、緊張感を高めていくのでしょう。言葉による説明が少ないのも同様。

緊張感のある追走劇は、手に汗にぎります。追走劇の果てにあるモノはいったい・・・。狂気の暗殺者を止めることは出来ないのか?奪われたモノを取り返そうとして、さらにモノを失っていく人間の愚かさを描き、シガーの凶行は、なにかを変えようとすることに対する無常感をも描きます。

« 「LOST」を観た!Vol.11 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.57 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/41097522

この記事へのトラックバック一覧です: 「ノーカントリー」鑑賞:

« 「LOST」を観た!Vol.11 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.57 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ