« 「ブラックサイト」私的映画考Vol.134 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.56 »

2008/05/04

「タロットカード殺人事件」鑑賞

先日、DVDで「タロットカード殺人事件 」を観ました。ウディ・アレン監督作品。出演:スカーレット・ヨハンソン(「ママの遺したラヴソング」「アイランド」)、ヒュー・ジャックマン(「X-MEN」「プレステージ」)、ウディ・アレン、イアン・マクシェーン他。

夏休みを利用してロンドンの友人宅に滞在中のアメリカ人学生サンドラ(スカーレット・ヨハンソン)。遊びに行ったマジック・ショーで、敏腕新聞記者ストロンベル(イアン・マクシェーン)の幽霊に遭遇!連続殺人事件の犯人が青年貴族ピーター・ライモン(ヒュー・ジャックマン)であるという特ダネを明かされる。ジャーナリスト志望のサンドラはスクープをものにしようと、三流マジシャンのシド(ウディ・アレン)と組んで上流階級のピーターに近づいていくが・・・。

スカーレット・ヨハンソンに首ったけのウディ・アレンが、「マッチポイント」に続いて、スカーレットのために書き下ろした本作。連続殺人鬼の捜査という、一見、重い雰囲気になりがちな内容ではありますが、軽妙洒脱なコメディ仕立てのミステリーになっています。

自らマジシャン役を演じるアレンとヨハンソンの会話ややりとりは、もはや漫才コンビのノリで、それを観ているだけでも愉快になります。ヒュー・ジャックマンも英国紳士という雰囲気たっぷりなので、こちらもはまり役。

ロンドンの何気ない街並みや、英国庭園も実に美しいのですが、とにかく、軽妙な会話が面白く、スカーレットのために書かれた脚本と言っても過言ではないでしょう。事件の行方はいかに。

« 「ブラックサイト」私的映画考Vol.134 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.56 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/41031591

この記事へのトラックバック一覧です: 「タロットカード殺人事件」鑑賞:

« 「ブラックサイト」私的映画考Vol.134 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.56 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ