« 「LOST」を観た!Vol.13 | トップページ | 2008.05映画鑑賞総括 »

2008/05/30

「コントロール」鑑賞

先日、「コントロール」を観てきました。アントン・コービン監督作品。出演:サム・ライリー、サマンサ・モートン、アレクサンドラ・マリア・ララ、ジョー・アンダーソン、トビー・ケベル他。

1970年代、英国。ロック好きの青年イアンは、地元で働きながらバンドを結成、“ジョイ・ディヴィジョン”と名付ける。バンドは起動にの意始め、人気はうなぎ上りに上昇していく。一方、イアンの妻・デボラが娘を出産。ある日、イアンはインタビュアーの女性アニーク・オノレと出会う。ふたりは惹かれ合い、愛人関係になっていく。だが、イアンは、てんかんの発作に悩まされ始めていた・・・。

全編モノクロ作品なのですが、時代を感じられるのを始め、色を感じたり、光を感じたり、映像としての深みを感じられるのは不思議です。序盤から、何度か映る屋内の洗濯物干し。悲しい行く末を暗示していたのでしょう。

次第に深まる妻との溝。それと共にてんかんによる発作から、薬を常用していき、表情もドンドンと悪くなっていきます。そして、精神も身体も自分でコントロール出来なくなっていきます。バンドの人気も上がり、自分のやりたいこととずれていくようになり、コントロール出来ず、ますます苦悩が募っていくのでした。

伝説のバンド“ジョイ・ディヴィジョン”の誕生裏話を中心に、苦悩の果て、短い生涯を歩んだイアン・カーティスの姿を描きます。ほとんど知識がないバンドの物語ではありましたが、ロックに掛ける情熱のようなモノを感じられ、映画作品として楽しめました。

« 「LOST」を観た!Vol.13 | トップページ | 2008.05映画鑑賞総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/41300634

この記事へのトラックバック一覧です: 「コントロール」鑑賞:

« 「LOST」を観た!Vol.13 | トップページ | 2008.05映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ