« 激闘!UEFA EURO 2008 準々決勝その1 | トップページ | 激闘!UEFA EURO 2008 準々決勝その2 »

2008/06/23

「奇跡のシンフォニー」私的映画考Vol.149

先日、「奇跡のシンフォニー」を観てきました。カーステン・シェリダン監督作品。出演:フレディ・ハイモア(「アーサーとミニモイの不思議な国」「チャーリーとチョコレート工場」「ネバーランド」)、ジョナサン・リース=マイヤーズ(「マッチポイント」)、ケリー・ラッセル(「ウエイトレス~おいしい人生のつくりかた」)、テレンス・ハワード(「ハンティング・パーティ」「ブレイブワン」)、ロビン・ウィリアムズ(「ナイトミュージアム」「ライセンス・トゥ・ウエディング」)他。

両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らす、11歳の少年・エヴァン(フレディ・ハイモア)。ある日、不思議な音に導かれニューヨークのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男(ロビン・ウィリアムズ)にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。一方、結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラ(ケリー・ラッセル)と父ルイス(ジョナサン・リース=マイヤーズ)も、それぞれの想いを胸に、呼び寄せられるように、マンハッタンを目指すが・・・。

音楽の才能を開花させていく少年エヴァン。始めて降り立ったマンハッタンの雑踏は、様々な音に溢れ、すべてがリズムを刻み、すべてがメロディとハーモニーを奏でていたのでした。絶対音感を持っていると思われるエヴァンにはそれが、音楽となっていくのです。音楽の三要素、メロディ、ハーモニー、リズムを体感的に表現していく、このシーンは秀逸です。

そして、マンハッタンで出会った男・ウィザードは、エヴァンを音楽の世界へと導きます。しかし、彼には専門的な知識はなく、語るのは抽象的なことばかり。「心で奏でろ」と。それはそれで間違いではないのでしょうが、エヴァンには物足りなかったことでしょう。

始めてギターに触れる瞬間。どんな音が鳴るのだろう、どんな響きがするのだろう。好奇心いっぱいのエヴァン。嬉々とした表情がとても良いです。音楽を演奏することが楽しくて仕方がない。満面の笑みを浮かべながら、なおかつ演奏スタイルは独創的。エヴァンの奏でる音楽は見る者、聞く者を魅了して止みません。そして、その胸の中には、この音楽が両親の元へ届け!という熱い想いが込められていたのです。

パイプオルガンに触れた瞬間もまた、凄まじいモノがありました。少女に基本的な音階を教わったエヴァンでしたが、天才的な創造力で、自分の内から湧き上がるメロディを、感性で弾き上げてしまうのでした。後光の差す中、その姿を見つめる神父。感動的なシーンです。

様々な出来事を経験し、助けられ、支えられ、エヴァンはいつしか、ジュリアード音楽学院へと進みます。そこで、彼は、専門的な知識を学び、より高度な音楽を作り上げます。そして、クライマックスの演奏会へ・・・。

泣き所は何度も訪れます。音楽に目覚める瞬間。そして、親子の再会。なかでも、父と知らずルイスと出会うエヴァン。年の離れたストリートミュージシャン同士。共通なのは音楽。何故かセッションが楽しい。息が合う。互いに相手に対して何かを感じていたのでしょう。実に感動的でした。少し臆病な、それでいて芯のしっかりした少年を演じさせたら天下一品のフレディ・ハイモア。目の輝きが、表情が素晴らしいです。

天才的な音楽の才能を持つ孤児の少年エヴァン、離れ離れとなってしまったチェリストの母ライラと、元ミュージシャンの父ルイス。それぞれの想いを抱きながら、音楽に導かれるように、引き寄せられていく姿を描く感動作。心の耳をすませば聞こえる。音楽には言葉も視覚もいらない。音楽は世界中どこでも繋がっているのだから。

« 激闘!UEFA EURO 2008 準々決勝その1 | トップページ | 激闘!UEFA EURO 2008 準々決勝その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/41597314

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡のシンフォニー」私的映画考Vol.149:

« 激闘!UEFA EURO 2008 準々決勝その1 | トップページ | 激闘!UEFA EURO 2008 準々決勝その2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ