« FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島 | トップページ | 「崖の上のポニョ」鑑賞 »

2008/07/22

「ジェシー・ジェームズの暗殺」鑑賞

 

先日、DVDで「ジェシー・ジェームズの暗殺」を観ました。アンドリュー・ドミニク監督作品。出演:ブラッド・ピット(「オーシャンズ13」「バベル」「セブン」)、ケイシー・アフレック、サム・シェパード、メアリー=ルイーズ・パーカー、ポール・シュナイダー、ジェレミー・レナー他。

南北戦争にゲリラとして参加し、その後は犯罪集団となったジェシー(ブラッド・ピット)とその兄フランク(サム・シェパード)が率いるジェームズ一味。列車強盗計画に、ひとりの若者ロバート(ケイシー・アフレック)が加わった。彼は新聞や本でジェシー一味の活躍を知り、ジェシーに憧れていたのだ。列車強盗を行なった後、一味は分散して身を潜めることになるが、ロバートはジェシーの側に残るように言われ有頂天になるが・・・。

大胆不敵で予測不可能なカリスマ、ジェシー・ジェームズ。アメリカで最も有名で人々に愛されているアウトロー(私はその存在を初めて知りました)。確かに魅力的な人物ではあるのでしょうが、その残酷さ、非情さ、冷徹さは周囲の者も、一歩引く感じ。そして、誰も信じない孤独な人物でもありました。病に犯されていく身体は徐々に精神も蝕んでいくのでした。

新たな仲間となった野心家ロバート。いつか大きな事をしてやろうと考えていて、その機会をうかがっています。そして、多くの仲間が街を出た後も、ジェシーと行動を共にします。憧れの英雄とも言えるジェシーの側に居られることで喜ぶロバートでしたが、ジェシーの言動を間近で見聞きし、次第におびえ始めます。

ジェシーとロバート。向かい合う二人。ジェシーの台詞の間が怖さ、不気味さを醸し出しています。その眼は何を見つめ、そして何を考えているのか?真意はどこにあるのか?分からない。それがどんなに恐ろしいことなのか。憧れの人物・ジェシー・ジェームズだったはずなのに、暗殺へと至るロバートの心情の変化と葛藤を濃密に丁寧に描いていきます。

アメリカ史上最も悪名高きアウトローの英雄的な生きざまと、その裏側にある真実の姿を深く描き出す本作。伝説のアウトローのカリスマ性、その苛烈さ、そして弱さを見事に演じきったブラッド・ピットの圧倒的な存在感は見応えがあります。実在の人物たちの物語をベースに描かれる心理ドラマになっています。

« FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島 | トップページ | 「崖の上のポニョ」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/41851576

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジェシー・ジェームズの暗殺」鑑賞:

« FNS27時間テレビ!!みんな笑顔のひょうきん夢列島 | トップページ | 「崖の上のポニョ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ