« 7台目のHDDレコーダーBDZ-T90 その4 | トップページ | 続・バッテリがピンチです! »

2008/07/13

「近距離恋愛」鑑賞

先日、「近距離恋愛」を観てきました。ポール・ウェイランド監督作品。出演:パトリック・デンプシー(「魔法にかけられて」)、ミシェル・モナハン(「ボーン・スプレマシー」「スタンドアップ」)、ケヴィン・マクキッド、シドニー・ポラック、キャスリーン・クインラン他。

トム(パトリック・デンプシー)とハンナ(ミシェル・モナハン)は、大学時代から10年来の大親友。週末は一緒に食事をし、二人で一つのケーキを食べ、話が尽きることがない気の置けない間柄。そんなある日、ハンナが突然、婚約する。ハンナへの気持ちに気づいたトムだったが、男であるにもかかわらず、花嫁付添い人=Maid of Honorになる。結婚式までの2週間、花嫁付添い人として式の準備を進めながら、自分の想いを伝えようと焦るのだが・・・。

トムは、誰にも愛を告白したことがありません。ガールフレンドは数知れず、毎日日替わりで、とっかえひっかえ。そんなトムの心の支えだったのが、ハンナでした。大学時代に口説いたモノのあえなく失敗。でも、気に入ったトムはそれから10年経った今でも、親友関係を続けていたのでした。

ふたりが食事をし、二人で一つのケーキを食べ、楽しそうに話をしている様子はとてもほほえましいです。トムはハンナのことを女性だとは思っていない感じ。しかし、6週間の出張に出掛けたハンナ。ガールフレンドとハンナと同じスケジュールをこなしてみますが、どうもしっくり来ません。

どうもおかしいトム。その時初めて、必要なのはハンナだ!という自分の本当の気持ちに気付くのでした。しかし、すでに時遅し。ハンナは婚約者をトムに紹介するのでした。そのレストランでのシーンは面白いです。

合間合間に入る大学時代からの悪友たちとのバスケットボールをするシーンも、妙に面白いです。すべてを知っている友人たち。トムにアドバイスをしますが、悪ふざけかと思うようなときもありますが、的を射ているときもあります。

トムは花嫁付添い人=Maid of Honorとして、ハンナのために努力を重ねていきますが、それは結婚へと導いている事に通じるのです。一緒にいられる最後の時間と思いがんばってはいるのですが、それはむなしい努力でした。そして、最後の日。トムの取った決断とは・・・。

ふたりが恋愛へと進むのには、あまりにも近すぎた距離。愛する女性が他の男と結ばれる瞬間を最も近くで見守る彼のせつなさ。本当の気持ちを打ち明けたくても、打ち明けられないもどかしさ。笑って泣ける大人の恋愛を描いたラブコメディ。

« 7台目のHDDレコーダーBDZ-T90 その4 | トップページ | 続・バッテリがピンチです! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/41787653

この記事へのトラックバック一覧です: 「近距離恋愛」鑑賞:

« 7台目のHDDレコーダーBDZ-T90 その4 | トップページ | 続・バッテリがピンチです! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ