« 北京オリンピックサッカー男子決勝 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」鑑賞 »

2008/08/25

「セックス・アンド・ザ・シティ」鑑賞

先日、「セックス・アンド・ザ・シティ」を観てきました。マイケル・パトリック・キング監督作品。出演:サラ・ジェシカ・パーカー、キム・キャトラル、シンシア・ニクソン、クリスティン・デイヴィス、クリス・ノース、デビッド・エイゲンバーグ、ジェニファー・ハドソン他。

コラムニストのキャリーは理想の男性ミスター・ビッグと一緒に暮らすため豪華なアパートを購入し、とうとう結婚も決意する。会社社長のサマンサは俳優を目指す恋人スミスを売り込むためにロスに引っ越し。再婚したシャーロットは中国から養女を迎え念願の母親に。弁護士のミランダは幼い息子と老いた義母を抱え、てんてこまいの日々を送っていた。キャリーの嬉しいニュースを祝福し、結婚式の準備を進めるのだが・・・。

ドラマシリーズを観たことがありませんでしたが、初めて観てもそれなりに楽しめる内容でした。4人の絆を深めるための出来事は、何年にも渡ってあったのだろうなあと思わせてくれます。

喧嘩もあったのだろうし、良いことも、悪いことも、あらゆる事があったのでしょう。だからこそ、友人が傷つき、どん底に落ち込んだとき、ふさぎ込んでしまったとき、本気で向き合うことができるのでしょう。傷つき、恐れて自分を見失ってはダメと、励まし、そっと背中を押してくれる友情の素晴らしさを感じます。

古いアパートから引っ越す時に、着せ替え人形よろしく取っ換え引っ換えキャリーが衣装を替えるシーンは面白かったです。捨てるのか、取っておくのか3人が判定。ちょっと前の流行の服装は今見ると陳腐に見えたりして。他にもシーンごと季節ごとに衣装はクルクルと変わり、それだけでも見応えがあります。

それぞれに、それぞれの問題を抱え、時にはその心の内を吐露する。いつでも本音で語り合い、そして笑い合う。そんな彼女たちの友情を感じられる数々の台詞が、なによりも、素晴らしいです。

そして、またニューヨークに、新たな絆を、愛を求めて、若い女性たちが訪れ、新たなドラマが生まれ、友情が生まれ、愛が生まれるでしょう。愛は永遠に色褪せないブランドなのだから。

« 北京オリンピックサッカー男子決勝 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/42221886

この記事へのトラックバック一覧です: 「セックス・アンド・ザ・シティ」鑑賞:

« 北京オリンピックサッカー男子決勝 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ