« 「ベガスの恋に勝つルール」鑑賞 | トップページ | 「ブレードランナー ファイナル・カット」私的映画考Vol.154 »

2008/08/20

北京オリンピックサッカー男子準決勝

とうとう始まりました北京オリンピックサッカー男子決勝トーナメント準決勝。8月19日に行われた準決勝2試合が、NHK-BS1(BSデジタル101)で放送されました。

まずは「ブラジル-アルゼンチン」。ロナウジーニョVSメッシという夢の対決です。準々決勝では、コンディションがイマイチに思われたロナウジーニョでしたが、始まってみればなんのその、キレのあるドリブルで左サイドを席巻します。

メッシも冴えます。軽快なボール回しでブラジルゴール前をかき回します。がっちり固めたブラジルディフェンス。なかなか攻めあぐねるアルゼンチンですが、メッシのドリブル突破で決定機を作ります。が、得点には結びつかず0-0のまま折り返します。もう前半が終わってしまうの?もったいない、と言う感じの見応えのある試合です。実に面白い。

後半早々、先制したのはアルゼンチン。シュートのようなクロスにアグエロが合わせてゴール!その6分後、リケルメを基点にした攻撃。メッシがディフェンスを引き連れながら、ゴール前にドリブルで切れ込みパス。センタリングにまたもアグエロが合わせて2-0とします。

ブラジルはロウナジーニョのフリーキックからチャンスを作るモノのゴールは遠い、遠い。その後も、PKで3点目を入れたアルゼンチン。勝負を決定付けます。ブラジルは攻める反面、突破されるとファールで止めるしかなく、退場者を2名出してしまいます。苛立ちは分かりますが、意図的なファールは危険も伴いますので、審判の判断は仕方がなかったのでしょう。

前半の両チーム無得点が嘘のように、終わってみれば3-0でアルゼンチンの勝利となりました。前半の面白さは最近ではピカイチの試合でした。後半は少々一方的となった感もあり、面白さは半減しましたが、それでもめまぐるしく好守が入れ替わる試合展開は実に面白い良い試合でした。

リケルメを中心に良くまとまったチームのアルゼンチン代表。攻撃は言うまでもなく見事ですが、守備の面でも堅く守っています。オリンピック大会2連覇まで、あと一勝としました。

と言うことで、決勝は「アルゼンチン-ナイジェリア(8月23日12:50~、NHK-BS1/BSデジタル101)」という組み合わせになりました。三位決定戦は「ベルギー-ブラジル(8月22日、放送は8月23日9:11~、NHK-BS1/BSデジタル101)」。アルゼンチンの二連覇なるか、ブラジルは一矢報いメダルを手にすることができるのか?ナイジェリアの破壊力のある攻撃は、アルゼンチンディフェンスを破ることができるのか?楽しみに観戦するとしましょう。

« 「ベガスの恋に勝つルール」鑑賞 | トップページ | 「ブレードランナー ファイナル・カット」私的映画考Vol.154 »

サッカー」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/42216402

この記事へのトラックバック一覧です: 北京オリンピックサッカー男子準決勝:

« 「ベガスの恋に勝つルール」鑑賞 | トップページ | 「ブレードランナー ファイナル・カット」私的映画考Vol.154 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ