« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その78 | トップページ | 「パリ、恋人たちの2日間」鑑賞 »

2008/09/30

2008.09映画鑑賞総括

9月の劇場での映画鑑賞は7本。今年の累計79本。ちょっと少なめではありますが、年間100本鑑賞の目標で言えば、まあまあのペースでしょう。

0901   ハンコック
0904   幸せの1ページ(試写会)
0908   イースタン・プロミス
0911   おくりびと(試写会)
0918   アイアンマン(試写会)
0922   ウオンテッド(チケットプレゼント)
0929   パリ、恋人たちの2日間

今月はアクション、ドラマが多くありました。

中でも「アイアンマン」は良かったです。アメコミ・スーパーヒーローの実写化作品が多い中、一味違うスーパーヒーローとしての主人公が良かったです。特殊能力があるでもなく、宇宙人でもなく、天才科学者にして、軍需産業の社長である主人公。それが、自らの体験により、このままではいけないと一念発起。戦争をなくすために立ち上がるのですから。現代社会、現在のアメリカの情勢を取り入れた内容は素晴らしかったです。

「インクレディブルハルク」のラストで登場したアイアンマンことトニー・スターク。「アイアンマン」のラストで登場したサミュエル・L・ジャクソン。マーベルヒーローが集合する「アベンジャーズ」公開への伏線となっています。その前に「アイアンマン2」もあるようです。

「おくりびと」も良かったです。今まで、納棺師という仕事があることを知りませんでした。その仕事の崇高さ、仕事へのプライド、送りゆく人への想い。そして、生と死。生きると言うこと、死ぬと言うことを、あらためて考えさせてくれる作品でした。その物語に彩りを添える、久石譲氏の音楽がまた良かったです。やはり映画音楽というのは重要なんですね。

今月は久しぶりに試写会が当たりました。2008年4月に観た「ネクスト/NEXT」の試写会以来でした。久しぶりに当たったと思ったら、なんと3週連続。おまけにチケットプレゼントまで当たりました。ありがたいことです。

来月10月は、9月公開でまだ観ていない作品をみて、「私がクマにキレた理由」「イーグルアイ」「P.S.アイラヴユー」と続きます。注目は東野圭吾原作の「容疑者Xの献身」。探偵ガリレオシリーズの続編にして、直木賞受賞作の映画化です。楽しみは続きます。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その78 | トップページ | 「パリ、恋人たちの2日間」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/42630203

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.09映画鑑賞総括:

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その78 | トップページ | 「パリ、恋人たちの2日間」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ