« プリウスくんが行く!Vol.68 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2008 Vol.6 »

2008/12/18

地球一のサッカーを見よう!2008 Vol.5

今年もやってきました年に一度のお楽しみ、サッカー地球一決定戦!TOYOTAプレゼンツ・FIFAクラブワールドカップジャパン2008。世界6大陸のクラブチーム代表が日本で世界一を争うこの大会。いよいよ2008年12月11日に開幕しました。

  • アジア王者(AFC) ガンバ大阪 (日本)
  • アフリカ王者(CAF) アルアハリ(エジプト)
  • 北中米カリブ海王者(CONCACAF) パチューカ(メキシコ)
  • 南米王者(CONMEBOL) リガ・デ・キト(エクアドル)
  • オセアニア王者(OFC) ワイタケレ(ニュージーランド)
  • ヨーロッパ王者(UEFA) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
  • アジア準優勝 (AFC) アデレード (オーストラリア)

M4は準決勝第1試合。北中米カリブ海王者(CONCACAF) パチューカ(メキシコ) 対南米王者(CONMEBOL) リガ・デ・キト(エクアドル) 、2008年12月17日19:30キックオフ(国立競技場)。いよいよ南米王者の登場で、盛り上がってきました。

雨の中、始まった準決勝第1試合。南米王者を破って、初の決勝進出なるか北中米カリブ王者!短いパスをつないでボールを回しながら、攻撃するパチューカ。ところが、4分。パスカットからのカウンターで。キトのビエレルが先制ゴール!あっさりと先制します。

パチューカは、先制されてもなお、焦りもなく、ゆったりとしたパス回しでゴール前に持ち込みますが、シュートまでいけません。序盤、ボール支配率は圧倒的にパチューカなのに、シュートが0と言う状況。ヒメネスがチャンスを作るもののゴールは遠い。26分には、ゴール前でハンドを誘う高等テクニック(?)で得たフリーキックを、ボラーニョスが直接決め、キトが2-0とリードし前半を折り返します。

後半、ひき気味のキト。パチューカはあいかわらずボールを支配するものの、ゴール前では阻まれ、得点には結びつきません。徐々に荒れ出した試合。前半からイエローカードが乱れ飛んではいましたが、後半はさらにヒートアップ。結局、そのまま試合終了。試合巧者ぶりを発揮したリガ・デ・キトが、決勝戦へと進出。番狂わせもあるか?と思ったモノのやはり、南米王者は格が違いました。手も足も出ないというのはこういう状態のことを言うのでしょう。

勝ったリガ・デ・キトは12月21日に横浜・日産スタジアムで行われる決勝へ、負けたパチューカは、同じく21日に行われる3位決定戦へ進みます。

M5は、2008年12月18日、19:30キックオフ(横浜国際競技場)で行われる準決勝第2試合、アジア王者(AFC) ガンバ大阪 (日本) vs ヨーロッパ王者(UEFA) マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)。M6は、18日、16:30キックオフ、5位決定戦、アフリカ王者(CAF) アルアハリ(エジプト) vs アジア準優勝 (AFC) アデレード (オーストラリア)。お待ちかねのマンU、C・ロナウドの登場です。盛り上がってきました。

« プリウスくんが行く!Vol.68 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2008 Vol.6 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球一のサッカーを見よう!2008 Vol.5:

« プリウスくんが行く!Vol.68 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2008 Vol.6 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ