« 2008年私的映画大賞ノミネート | トップページ | 謹賀新年!2009 »

2008/12/31

2008.12映画鑑賞総括

12月の劇場での映画鑑賞は7本。今年の累計104本。今月は少なめでしたが、今年も、映画館での年間100本鑑賞達成ができました。ありがとうございます。

1203   ブラインドネス
1205   デス・レース
1206   ボーダータウン 報道されない殺人者
1212   WALL・E/ウォーリー
1219   SAW5/ソウ5
1222   地球が静止する日
1227   ワールド・オブ・ライズ

今月はアクション、ホラー、ドラマ、アニメとバラエティに富んだ作品がありました。

今月、良かったのは、「ブラインドネス」。ショッキングな物語の中に、様々なテーマが織り込まれていて、心に染みる作品でした。それと関連するように「地球が静止する日」も人類に対する鉄槌が描かれています。小説で「幼年期の終わり」を読んだばかりで、高等文明を持った異星人が神のように君臨し、人類を新しい段階へ導いてくれるという点が共通で描かれていました。

21世紀が始まって数年がたちますが、生活がそれほど変わった感がありません。それにしても、過去に比べれば、便利な世の中になったのは間違いありません。もちろん、子供の頃に描いた21世紀には及びませんが。

それに伴って、地球環境が悪化していっているのも、事実でしょう。それは人類のエゴによる破壊が一つの要因で、「我々の星」だと自惚れている人類は、考え方を改めなければいけない時期になっているのでしょう。そして、精神的な進化を余儀なくされているのかもしれません。

来月1月は今月始まってまだ観ていない作品を観て、その後は待望の続編「ヘルボーイ:ゴールデンアーミー」、「チェ28歳の革命」「チェ39歳別れの手紙」の2部作、「ザ・ムーン」「007/慰めの報酬」と期待作が目白押しです。

今年も、沢山の良い作品を観ることができました。あいかわらずリメイクや続編作品が多いのが最近の特徴でしょう。先日、私的映画大賞のノミネートを発表しましたが、それ以外にも良い作品は沢山ありました。何度も観たいと思えるような、良い作品に巡り会えるのは大変喜ばしいことす。

来年もさらに良い作品に巡り会えることを願って、今年を締めくくりたいと思います。また、いつも私のブログ「夢のつづき」をご覧いただいている皆様、一年間お付き合いただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。よいお年をお迎えください。

« 2008年私的映画大賞ノミネート | トップページ | 謹賀新年!2009 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43519699

この記事へのトラックバック一覧です: 2008.12映画鑑賞総括:

« 2008年私的映画大賞ノミネート | トップページ | 謹賀新年!2009 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ