« 今年は少雪? | トップページ | 「ボーダータウン 報道されない殺人者」鑑賞 »

2008/12/06

「デス・レース」鑑賞

先日、「デス・レース」を観てきました。ポール・W・S・アンダーソン監督作品。出演:ジェイソン・ステイサム(「トランスポーター」「アドレナリン」)、ナタリー・マルティネス、ジョアン・アレン、イアン・マクシェーン、タイリース・ギブソン他。

2012年。アメリカ経済が破綻したことにより、民間企業が営利目的で刑務所を運営している時代。凶悪な犯罪者を収容するターミナル・アイランド。そこでは、“デス・レース”と呼ばれる残酷なカーレースが行われ、全世界に中継することで収益を上げていた。ある夜、何者かに襲われ、妻殺しの濡れ衣を着せられた元レーサーのエイムズ(ジェイソン・ステイサム)は、ターミナル・アイランドに収容され、刑務所を牛耳る冷酷な所長ヘネシー(ジョアン・アレン)から、“デス・レース”への出場を持ちかけられが・・・。

服役中の凶悪犯による“デス・レース”。5回優勝すれば無罪放免、釈放されるという。5回目の優勝目前で、事故死した人気レーサー・フランク。覆面レーサーだったフランクの代わりに、エイムズはデス・レースに出場することになります。勝利か死かという極限状態が続くレースコース。海上に浮かぶ廃工場をデス・レースの名にふさわしい改造が施されているコースには様々な罠が潜んでいます。ただ、走るだけではなく、アイテムを得ると銃撃も可能になります。命を懸けたルール無用のレースが大迫力の映像で展開されます。

しかし、そのレースの裏には、営利を追求した所長の陰謀があったのです。その陰謀に気づいたエイムズは、信頼できる仲間たちと敢然と立ち向かいますが・・・。

エイムズは愛する娘のため、レースに挑みます。そのエイムズをあざ笑うかのように次から次へと罠を仕掛ける冷徹な所長ヘネシー。ライバルレーサー・マシンガン・ジョーの執拗な攻撃。次々と命を落としていくレーサーたち。レースの先にいったい何があるのか?

この世に完璧な人間などいない。だからこそ、自分の今できることを最善を尽くしてやる。そして、そこに愛する者がいれば、それだけで幸せな事なのだから。マスタング、ポルシェ、ジャガー、BMWなどが重装備に身を包み、モンスターマシンと化して疾走するカーアクション。

« 今年は少雪? | トップページ | 「ボーダータウン 報道されない殺人者」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43239605

この記事へのトラックバック一覧です: 「デス・レース」鑑賞:

« 今年は少雪? | トップページ | 「ボーダータウン 報道されない殺人者」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ