« 「地球が静止する日」鑑賞 | トップページ | 私的読書考2008 »

2008/12/24

ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.1

iconicon

先日、我が家にハイビジョン液晶テレビがやってきました。念願の液晶テレビ。それもハイビジョンですから、映像の美しさ、精細さに感嘆しております。

2011年7月に迫った、アナログ放送の終了。ブルーレイレコーダー等でデジタル放送は見られるモノの、我が家のテレビはアナログのままでした。まだ、3年あるからと、のんびりとしていましたが、今のテレビもいつ壊れるか分かりませんから、ここらで、本格的に調査を開始しました。

2008年がもうすぐ終わりますから、残すところ2年半。現在、我が家には2台のテレビがあります。リビングには36型ワイドテレビ、寝室には20型の4:3テレビといずれもブラウン管型のアナログテレビです。リビングのテレビには、ブルーレイレコーダー×2台、HDD・DVDレコーダー×1台、ビデオ×2台が接続されています。寝室のテレビには、HDD・DVDレコーダー×1台、ビデオ×1台。HDD・DVDレコーダーはいずれもデジタルチューナー内蔵です。

ビデオデッキはアナログ放送終了と共に、録画が出来なくなりますが、その後は再生専用機となるでしょうし、ビデオデッキは消耗品ですから、いずれは寿命がくることでしょう。

とりあえず、リビングでも寝室でも、デジタルチューナーが内蔵されているデッキがありますから、デジタル放送の視聴はできる状態です。なので、急いでテレビを買い換えることもないのですが、これからの2年半で順次入れ替える事にして、調べ始めることにしました。

まずはカタログを入手。ソニーっ子の私としては、テレビももちろんソニーです。ソニーの液晶テレビシリーズ<ブラビア>のカタログを入手しました。以前から何回かカタログを入手はしていたのですが、種類が沢山ありすぎで、何がどう違うのかよく分かりませんでした。まあ、本気で選ぶ気がなかったのも原因のひとつでしょう。

カタログを吟味します。種類や画面サイズで20のバリエーションがあります。からバリエーションも入れれば、その組み合わせの数は増えます。サイズを基準に決めようと、サイズを考えます。現在のリビングのワイドテレビは36型です。同等か少し大きめで考えます。この時参考にしたのが「画面サイズの選び方」と言うソニーのサイトです。

そのサイトによるとブラウン管テレビと液晶テレビでは試聴距離が違うんだとか。ブラウン管型では画面の高さの6倍離れると良いのですが、液晶型では画面の高さの3倍が目安になります。それと、画面の大きさの違いを感じるのは高さであるとも。

買い換え時の「おすすめ薄型テレビサイズ」の一覧表では、現状維持サイズとおすすめ大画面サイズが載っていて、我が家の36型ワイドテレビでは、40V型が現状維持、おすすめは52V型となっています。52V型となると、設置場所にも困りそうなので、40V型かワンサイズ下の32V型で考える事にしました。

ブラビアにはXR1からM1まで9種類ラインナップされていますが、40V型にすると種類の選択肢が狭まります。40V型では、X1、W1、ZX1、F1、V1となります。あとは、それぞれの種類の特性を吟味することになります。つづく。

« 「地球が静止する日」鑑賞 | トップページ | 私的読書考2008 »

ホームシアター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43512850

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.1:

« 「地球が静止する日」鑑賞 | トップページ | 私的読書考2008 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ