« プリウスくんが行く!Vol.71 | トップページ | 「007/慰めの報酬」鑑賞 »

2009/01/31

2009.01映画鑑賞総括

1月の劇場での映画鑑賞は9本。今年の累計9本。今月はまずまずの本数。今年も、映画館での年間100本鑑賞達成を目指してスタートしました。

0104   ミラーズ
0110   ヤング@ハート
0111   チェ 28歳の革命
0113   ザ・ムーン(試写会)
0119   ブロードウェイ♪ブロードウェイ
0123   ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー
0124   レボリューショナリー・ロード
0130   007/慰めの報酬
0131   マンマ・ミーア!

今月はアクション、サスペンス、ドラマ、ドキュメンタリーとバラエティに富んだ作品がありました。

今月、良かったのは、ドキュメンタリー作品3本。「ヤング@ハート」「ザ・ムーン」「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」。ドキュメンタリーには、フィクションとは違う迫力や感動があります。

「ヤング@ハート」には泣かされました。平均年齢80歳のロックコーラス隊「ヤング@ハート」の活動を通して、いくつになっても生き甲斐を持って、楽しむことの素晴らしさを、あらためて知ることが出来ました。そして、命の尊厳も。

「ザ・ムーン」も良かったです。月へと人類を運んだアポロ計画に携わった人々のインタビューと実際の映像で綴られた作品でした。「アポロ13(ロン・ハワード監督作品)」の感動をさらに増幅させてくれる作品でしょう。宇宙から見た地球は実に美しく、そして儚い。広大な宇宙に浮かぶ地球はちっぽけな存在。そして、そこに暮らす人類も。今、何をすべきか、考えさせられる作品でした。

「ブロードウェイ♪ブロードウェイ」は、ミュージカル「コーラスライン」のオーディションに臨む人々を描いた作品。それぞれに夢や希望を抱き、ブロードウェイの舞台で踊る日を信じています。その情熱には感服させられました。これほどまでに情熱を傾けたモノがあっただろうか、忘れてしまった夢はなかっただろうか。自分に置き換えて鑑賞しました。

来月2月は今月始まってまだ観ていない作品「20世紀少年第2章」「チェ 39歳別れの手紙」を観て、「ベンジャミン・バトン」「ハイスクール・ミュージカル」「チェンジリング」と続きます。アカデミー賞関連の作品も続々公開。楽しみが続きます。

« プリウスくんが行く!Vol.71 | トップページ | 「007/慰めの報酬」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43909527

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.01映画鑑賞総括:

« プリウスくんが行く!Vol.71 | トップページ | 「007/慰めの報酬」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ