« 2009春VAIO Type T発表! | トップページ | 2009春VAIO Type P発表! »

2009/01/08

メタボ予備群?

年に一度の健康診断。昨年末に受診しまして、検査結果が届きました。

2008年4月1日以降、40歳から74歳に対する特定健康診査・特定保健指導が始まりました。それに伴い検査項目や判定基準が変わっています。中でも、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目しています。

メタボリックシンドロームの予備群・基準該当は、腹囲周径が男性85cm以上、女性90cm以上で、次の3項目のうち1つが該当すれば「予備群」、2つ以上該当すれば「基準」該当となります。

  1. 中性脂肪が150mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl未満、もしくはコレステロールを下げる薬を服用
  2. 収縮期血圧(最大)130mmHg以上かつ、または拡張期血圧(最小)85mmHg以上もしくは血圧を下げる薬を服用
  3. 空腹時の血糖が110mg/dl以上またはHbAlc5.5%以上、もしくはインスリン注射または血糖を下げる薬を服用

30歳を超えてから、どんどん太り始め、40歳を過ぎた頃には肥満度も20%近くまで上昇していました。食べ過ぎと言うことはないのですが、甘いものも好きだし、間食をしたりだし。一番悪いのは運動をしない事でしょう。ちょっと近くまで買い物と言っても車で行ってしまうような生活でした。

こんな状態では、メタボ予備群はおろか、メタボに該当してしまう!

最近では、間食もほとんどしなくなりましたし、毎日少しずつの運動も欠かさずにやるようになり、徐々に体重も落ち始め10年以上前の体重に戻りました。これなら大丈夫では?とは思っていましたが、腹囲など計ったことがありませんから内心ドキドキです。

で、検診当日。万全の体調で挑みました。通常の検査項目の合間に腹囲を計ります。腹囲は基準内。「BMI(=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))」と言う数値もギリギリですが基準内に入りました。これで、メタボ予備群になることはありません。ふー。一安心。

それでも、以前からC判定がついていた、「HDLコレステロール」が40mg/dl未満は、あいかわらずです。これも、運動不足が原因で現れる検査結果です。ここ数年でみれば、一番良い数字ではありますが、いまだ基準外ですから、まだまだ努力が足りないようでした。

とにもかくにも運動不足なのは間違いありませんから、今後も、健康のために適度な運動を心掛け、摂生を続けないといけません。2009年今年こそ、総合判定「A」を目指します。

« 2009春VAIO Type T発表! | トップページ | 2009春VAIO Type P発表! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43675410

この記事へのトラックバック一覧です: メタボ予備群?:

« 2009春VAIO Type T発表! | トップページ | 2009春VAIO Type P発表! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ