« 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」私的映画考Vol.170 | トップページ | ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.5 »

2009/01/21

「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」鑑賞

先日、「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」を観ました。第1話「序章」~第4話「ヘヴィメタル」。

ジェームズ・キャメロン監督、アーノルド・シュワルツェネッガーの出世作である「ターミネーター」と「ターミネーター2」。その続編となるTVドラマシリーズが、「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」です。ファーストシーズン全9話が現在、発売&レンタル中です。2009年には、待望の最新作「ターミネーター4」が公開予定となっていて、そこに繋がると言う噂もありますから、これは大注目の作品です。

軍事コンピューター“スカイネット”の反乱によって始まった核戦争=“審判の日”で、30億もの人命が奪われた近未来。荒廃した地球では機械軍とわずかに生き残った人類の壮絶な戦いが繰り広げられ、カリスマ指導者ジョン・コナー率いる抵抗軍が勝利を収めようとしていた。

この事態に機械軍は、ジョン・コナーの存在そのものを抹殺するべく、究極の殺人マシーン、ターミネーターを過去に送りこみ、母親サラ・コナー暗殺を企てるが・・・(「ターミネーター」)。そして、軍事システム「スカイネット」の研究データを破壊し、未来は変わったかと思われた(「ターミネーター2」)。それから5年。新たなドラマが幕を開ける・・・。

1997年に起こるはずだった“審判の日”は阻止された。サラ・コナー(レナ・ヘディ)は、爆死したサイバーダイン社の技術者、ダイソンの殺人容疑でFBIに追われていた。逃亡の日々は続き、心休まることはなかったが、ジョン(トーマス・デッカー)と共におだやかな日常を過ごすこともあった。

そんなある日、ジョンとサラの前に、彼らを抹殺するために新たなターミネーターが現れた。その窮地を救ったのは、反乱軍から親子を守るために送り込まれた美少女ターミネーター・キャメロン(フィリップス:サマー・グロー)だった。キャメロンから新たな「審判の日」が2011年に迫っていることを知らされたコナー親子は、再び戦いの日々身を投じるのであった。

美少女の姿をしたターミネーター(TOK715)・キャメロンは、コナー親子を守るために2027年の未来のジョンによって送り込まれました。華奢な体つきではありますが、パワーもスピードも強靱なボディは、さすがのターミネーター。一見普通の人間のようではありますが、ときおり素っ頓狂な言動をみせるのが、玉に瑕。笑わせてもくれます。

そして、謎を追うのが、ジェームズ・エリソン(リチャード・T・ジョーンズ)。殺人容疑者のサラを追うFBI捜査官ではありますが、一連の事件には何かがあると疑問を抱いています。

設定がおかしかった「ターミネーター3」は、別次元へ飛ばされたようで、まったく違う時系列で物語は展開。次々と迫りくるターミネーター。策略を阻止しながら、さらなる戦いの日々は続きます。本作だけでも十分楽しめますが、前作を観てから鑑賞すると、リンクネタが沢山ありますので、面白さ倍増。2009年注目の作品です。

« 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」私的映画考Vol.170 | トップページ | ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43793309

この記事へのトラックバック一覧です: 「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」鑑賞:

« 「ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢」私的映画考Vol.170 | トップページ | ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.5 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ