« ワーナーマイカルシネマズでのTポイントサービス終わる! | トップページ | 今日は仕事始め »

2009/01/05

「ミラーズ」鑑賞

先日、「ミラーズ」を観てきました。アレクサンドル・アジャ監督作品。出演:キーファー・サザーランド(「24-TWENTY FOUR-」シリーズ)、ポーラ・パットン、エイミー・スマート他。

同僚を誤って射殺してしまい停職処分になった元警官のベン(キーファー・サザーランド)。復職するまでの間、火災で荒廃したデパートの夜警の仕事に就く。そこの“鏡”に触れたことから、絶望的な恐怖を経験し始める。鏡に浮かぶ謎のメッセージ、不可解な連続死、そしてその魔の手は、家族へと迫る。ベンは、“鏡”にまつわる過去の事件を探るうち、一人の少女の存在が浮かび上がるが・・・。

とにかく不気味な荒廃したデパート。保険金の裁判が長引き、管理が必要でした。数十人が焼死したそのデパートでの夜警の仕事に就いたベンでしたが、奇妙な出来事が起こり始めます。何が不気味って、人型のマネキンがあちらこちらに点在し、今にも動き出しそうなところ。電気も通わぬ、建物の中を懐中電灯一つで、歩き回ります。鳥が巣を作り、バタバタと羽音を響かせます。効果音が大きめで、ときおりビクッとしてしまいます。

焼けただれ、荒廃した建物の中で、一層不気味さを醸し出しているのが、巨大な鏡。まったくの無傷で、悠々と存在しています。その鏡に何かを感じ、そっと手で触れるベン。その時から、不思議な出来事が起こり始めます。火災の惨劇の幻が見え、そのすさまじさを体感するベン。地下には、巨大な鏡の部屋が、より不気味な気配を感じさせていました。

そして、鏡に浮かび上がる謎の文字。鏡は何かを求めている。そのことに気づいたベンは、捜査を始めますが・・・。鏡の中には別の世界が存在し、その存在を認めたとき、鏡にコントロールされてしまう。

事件は、思いもしない方向へと展開し、そして、物語は家族の再生へと向かいますが・・・。鏡は不思議な力が備わっているような感覚を覚えるサスペンスホラー。R-15指定で、残酷なシーンも多々ありますから、鑑賞には注意が必要です。

« ワーナーマイカルシネマズでのTポイントサービス終わる! | トップページ | 今日は仕事始め »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43632514

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミラーズ」鑑賞:

« ワーナーマイカルシネマズでのTポイントサービス終わる! | トップページ | 今日は仕事始め »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ