« 2009春VAIO Type P発表! | トップページ | 「ヤング@ハート」私的映画考Vol.168 »

2009/01/10

ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.3

iconicon

2011年7月に迫った、アナログ放送の終了。ブルーレイレコーダー等でデジタル放送は見られるモノの、我が家のテレビはアナログのままでした。まだ、3年あるからと、のんびりとしていましたが、今のテレビもいつ壊れるか分かりませんから、2008年12月、本格的に調査を開始しました。

「地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶TV BRAVIA KDL-40X1」がリビングでのテレビに決定しました。

まずは、本体カラーを決めます。フレームには、青色のフレーク状ガラスを混ぜた、「サファイアブラック」。パッと観、黒くは見えますが、よーく観ると濃い青色です。光の当たり方で表情を変える美しい仕様です。

画面下部のスピーカがアクセントとなるカラー部分。シルバー、ブラック、レッド、ブルー、ゴールド、ブラウンの6色。 当初は「断然ブラックでしょ。」と思っていたのですが、フレーム部分が真っ黒ではなく、濃い青なので、ブラックとの相性が気になりました。そこで、よくよく検討した結果、シルバーとしました。型番はKDL-40X1(S)。

次に、どこで買うかが問題。量販店でも購入は可能ですが、今回はソニースタイルで購入することにしました。ちょうど、ソニースタイルで、10日間だけのスペシャルキャンペーン『Grateful 10 Days』があるというのです。キャンペーン期間中、支払い総額50,000円以上で、60回まで分割金利が0%になるというものです。

割引率クーポンも使えましたし、送料無料、設置無料サービスは当然ですが、他にもソニーポイントがついたり、3年間保証サービスもありました。もともと持っていたソニーポイントも使って、差引252,000円也。60回払いにして、月々の支払は4000円ほどになりました。

審査を待って、納品日を決めます。基本的には発注から1週間ほどで納品されますが、それ以降であれば都合の良い日時を設定できます。いちばん近い週末で、決定しました。

待ち遠しい納品日ですが、現在のテレビの処分を考えないといけません。ソニースタイルでも、購入時にリサイクルサービスの申込みが出来たのですが、当然有料です。16型以上のテレビは、家電リサイクルサービス2,835円(税込)。別途、収集運搬料金 2,000円(税込)が送料として掛かります。

まだまだ使えるモノですから、お金を払って引き取ってもらうのは面白くありません。そこで、ネットオークションで売却することを検討しました。つづく。

« 2009春VAIO Type P発表! | トップページ | 「ヤング@ハート」私的映画考Vol.168 »

ホームシアター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/43693745

この記事へのトラックバック一覧です: ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.3:

« 2009春VAIO Type P発表! | トップページ | 「ヤング@ハート」私的映画考Vol.168 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ