« ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.8 | トップページ | 「フェイク シティ ある男のルール」鑑賞 »

2009/02/23

第81回アカデミー賞決定!

第81回アカデミー賞の授賞式が本日(現地時間2月22日)、開催され、各賞が決定されました。主要部門は以下の通り。

●作品賞  「スラムドッグ$ミリオネア」
●監督賞  ダニー・ボイル「スラムドッグ$ミリオネア」
●主演男優賞  ショーン・ペン「ミルク」
●主演女優賞  ケイト・ウィンスレット「愛を読むひと」
●助演男優賞  ヒース・レジャー「ダークナイト
●助演女優賞  ペネロペ・クルス「それでも恋するバルセロナ」
●外国語映画賞  「おくりびと
●長編アニメ映画賞  「ウォーリー

今回は作品賞、監督賞にノミネートされた作品はほとんど観ていないと言う状況での授賞式。これ程までに思い入れが出来ない授賞式も珍しいです。

「スラムドッグ$ミリオネア」が監督賞作品賞を含む最多8部門を獲得、「ベンジャミン・バトン」は主要部門の受賞を逃しましたが、美術賞、メイキャップ賞、視覚効果賞と納得の受賞となりました。

主演女優賞はケイト・ウィンスレット(「愛を読むひと」)が、6度目のノミネートでみごと栄冠に輝きました。「愛を読むひと」は、ベルンハルト・シュリンクの「朗読者」の映画化なんだとか。楽しみな作品です。

助演男優賞はやはりというか、当然というか、ヒース・レジャー(「ダークナイト」)が受賞しました。主演のバットマンを完全に上回っている、ヒース・レジャーの鬼気迫る熱演が思い起こせます。

なんと言っても外国語映画賞を受賞した「おくりびと」でしょう。日本作品が受賞するのは54年ぶりというのですから、たいしたモノです。めでたい、めでたい。アカデミー賞発表時期に合わせてリバイバル上映も始まっていますから、さらなるヒットとなるでしょう。

今回は前哨戦であるゴールデングローブ賞とほぼ同じ受賞となりました。まだ観ていない作品については何とも言えませんが、随時、公開されていくでしょうから、その時までの楽しみに取っておくことにしましょう。

« ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.8 | トップページ | 「フェイク シティ ある男のルール」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44149620

この記事へのトラックバック一覧です: 第81回アカデミー賞決定!:

« ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.8 | トップページ | 「フェイク シティ ある男のルール」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ