« 「オーストラリア」私的映画考Vol.177 | トップページ | ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.12 »

2009/03/14

「DRAGONBALL EVOLUTION」鑑賞

先日、「DRAGONBALL EVOLUTION」を観てきました。ジェームズ・ウォン監督作品。出演:ジャスティン・チャットウィン(「宇宙戦争」)、エミー・ロッサム(「デイ・アフター・トゥモロー」)、チョウ・ユンファ(「パイレーツ・オブ・カリビアン」)、ジェームズ・マースターズ他。

孫悟空(ジャスティン・チャットウィン)は、祖父・孫悟飯と共に修行に明け暮れながら、普通の高校生として暮らしていた。だが、長い眠りから目覚めた世界征服を狙うピッコロ大魔王(ジェームズ・マースターズ)が現れ、平穏な日々は崩されてしまう。悟空はピッコロ大魔王の野望を阻止するため、亀仙人(チョウ・ユンファ)、ブルマ(エミー・ロッサム)、ヤムチャとともに、どんな願いでも叶うドラゴンボールを探す旅に出るが・・・。

鳥山明原作のコミック「ドラゴンボール」のハリウッド実写版。原作コミックの設定を組み合わせて創り上げたオリジナルストーリーとなっています。設定やキャラクターは、原作コミックとはかなり変わっていますので、コミックやアニメのファンの方は、その違いを楽しむことをオススメします。なんせ「EVOLUTION(展開、発展)」ですからね。

物語は、小気味よいテンポで展開していきます。ドラゴンボールを集めなければピッコロに世界征服されてしまいます。旅の途中、仲間も増え、そして、厳しい修行にも耐えていきます。ドラゴンボールは悟空に予言を与えます。しかしそれは、厳しい内容でした。マフーバを決意する亀仙人。ついに、7つのドラゴンボールが集まる。クライマックスの激闘が始まる!

いつも自分を信じる事の大切さ、仲間の大切さを語りながらも、新感覚のカンフーアクションを見せてくれます。SFカンフーアクション学園ラブコメディと言った感じのごった煮感覚は新しいドラゴンボールの誕生でしょう。次回作への展開もある?と言うラストシーンも見逃さないように。

« 「オーストラリア」私的映画考Vol.177 | トップページ | ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.12 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44263195

この記事へのトラックバック一覧です: 「DRAGONBALL EVOLUTION」鑑賞:

« 「オーストラリア」私的映画考Vol.177 | トップページ | ハイビジョン液晶テレビ、来る!Vol.12 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ