« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その93 | トップページ | 「マダガスカル2」鑑賞 »

2009/03/20

新・お昼休みもDVD鑑賞 その2

iconicon

ソニーポータブルDVDプレーヤー「DVP-FX720」

以前から、お昼休みもDVD鑑賞をしていましたが、使っていたソニー ポータブルDVDプレーヤー DVP-FX810がとうとう壊れてしまいました。修理も可能なのでしょうが、最近はポータブルDVDプレーヤも安価になってきていますので、さっそく買い換えを検討することにしました。

現在、各社メーカーより、様々な機種が発売されています。ワンセグTV機能付きや、防水機能付き、画面サイズも4インチ10インチと様々です。とはいえソニー大好きな私としては、やはりソニーになります。

ソニーからは、8V型でワンセグチューナー内蔵のDVP-FX860DT(59,800円)、8V型のDVP-FX850(34,800円)、 7V型のDVP-FX720(25,800円)の三種類が発売されています。いずれもソニースタイル価格。

今まで使っていたDVP-FX810は8V型ワイド液晶画面、180度回転して、角度が自由に調整できました。その後継機はDVP-FX850。画面サイズや画面が180度回転することは一緒ですが、解像度が、800×480画素にアップされています。DVP-FX860DTも同様で、さらにワンセグチューナーが内蔵されています。

DVP-FX720は、7V型ワイド液晶画面で、180度回転しません。解像度もDVP-FX810と同じく、画素数が480×220画素になっています。今まで使っていた程度ですから、こちらでも何の問題もありません。画面が180度回転すると便利なのは間違いありませんが、そこはまあ、慣れのようなモノですから、どうにかなるでしょう。

と言うことで、DVP-FX720が良さそうだと目星をつけ、家電量販店へ行き、実際の画面を確認します。DVP-FX720は、今まで使っていたDVP-FX810の8型ワイドより画面は、確かに一回り小さいです。比べて、DVP-FX850の800×480画素は高精細でより鮮明、より美しさが増しているのが分かります。が、とりあえず見られれば良いと言うことで、DVP-FX720に決定。

DVP-FX720には、ホワイト/ブルー/レッドの3色があります。鮮烈な印象を放つレッド、クールで落ち着きのあるブルー、どんなシチュエーションにもフィットする光沢感豊かなホワイト。従来機が黒でしたし、黒っぽい方が好きなので、ブルーにしました。

外観はブルーで、中側は黒を基調としています。リモコンでも操作できますが、狭い車内でリモコンもなかろうということで、使っていません。従来機と同じ操作感なので、説明書を観なくてもカンタンに使うことができます。画面がつや消しになっていますので、従来機やDVP-FX850の上位機種であるような映り込みがなく、かえって観やすくなったかもしれません。

HDDレコーダーのVRモードを記録するCPRMにも対応していますので、テレビ番組を録画したディスクもDVDビデオも観ることができます。これでお昼休みの友が復活です。いつかは、ポータブルブルーレイディスクプレーヤーも発売されることでしょうが、もうしばらく時間は掛かりそうですから、それまで大事に使っていきたいと思います。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その93 | トップページ | 「マダガスカル2」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44385692

この記事へのトラックバック一覧です: 新・お昼休みもDVD鑑賞 その2:

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その93 | トップページ | 「マダガスカル2」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ