« 新潟県立野球場ネーミングライツスポンサー募集開始 | トップページ | 「オーストラリア」私的映画考Vol.177 »

2009/03/12

世界遺産への旅 広島編 その5

Dsc04267 引き続き、世界遺産への旅・広島編です。今回の旅行の初日に訪れた尾道をご紹介。世界遺産ではありませんので、番外編となります。

千光寺山ロープウェイ乗り場を後にして、散策は続きます。住宅街の中を歩きますが、どこもかしこも、良い雰囲気で、のどかです。それに、美しい。観光地へ行くとマナーの悪い方がいて、ゴミを捨てたりしたものを見ることがありますが、尾道を訪れる人にはそう言う方が少ないんでしょうか、ほとんどDsc04304_2見た記憶がありません。どこのお寺ももれなく美しく、掃除されて  いて、気持ちよく散策ができます。

古寺めぐりコースを歩いていきます。「御袖天満宮」に到着。「転校生」でふたりが転げ落ちた階段のある場所です。階段を上から下から見ます。こんなに段数があったかなあ。敷地は思ったより狭いです。もっと広くイメージしていました。映像だけでは分からないモノです。Dsc04337高台にある上に、さらに階段で上がりますから、見晴ら しがよい場所でした。

古寺めぐりコースの終着点近くの「浄土寺」まで来ました。「ふたり」に登場。美しいお寺です。多宝塔は独特の形状をしていて、紅い色が印象的。ここは海に近いため、山手の雰囲気とは違い、開放感がありました。敷地も広いです。

夕方になり、少々疲れましたので、復路は「尾Dsc04367 道好きっぷライン」に乗車。海沿いをバスが走ります。尾道駅手前で降り、海岸線の遊歩道を散策。向島へ渡る船が行き交う尾道水道を眺めます。

この日はちょうど「尾道灯りまつり」でしたので、陽が落ちてから再Dsc04399度、出掛けました。市内のお寺や尾道駅前等々で、約25000個ものローソクにあかりが灯されライトアップされていました。駅前緑地のベルポール広場で は、「雅楽の夕べ」のイベントが催されていました。ローソクの灯りが風でゆらゆらと揺れ、そこに雅楽の調べが流れ、幻想的な空間になっていました。

その後、千光寺山ロープウェイに乗って、千光寺へ。千光寺山へ上る間も、眼下に揺れるローソクの灯りが見えました。「千光寺」は、「ふたり」に登場。階段や通路のあちらこちらにローソクが置かれ、美しかったです。おまけに夜景も堪能できました。千光寺を後にして階段を降りていきますと、延々とローソクの灯りの列が続いていました。

夕食に広島風お好み焼きをいただき、この日の観光は終了です。

つづく。

« 新潟県立野球場ネーミングライツスポンサー募集開始 | トップページ | 「オーストラリア」私的映画考Vol.177 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44320717

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産への旅 広島編 その5:

« 新潟県立野球場ネーミングライツスポンサー募集開始 | トップページ | 「オーストラリア」私的映画考Vol.177 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ