« 春の足音 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.72 »

2009/03/04

世界遺産への旅 広島編 その3

引き続き、世界遺産への旅・広島編です。今回の旅行の初日に訪れた尾道をご紹介。世界遺産ではありませんので、番外編となります。

かなり強行日程となった今回の広島旅行。尾道が主目的ではありますが、世界遺産へも行きたいし。移動に半日は掛かってしまいますから、1泊2日ではもったいない。それで、今まで行けずにいましたが、今回は少々強引に旅程を作ってみました。

広島県は東西に長く、尾道市は東側、広島市は西側にあり、この移動もネックになっていました。が、尾道に宿泊することで、主目的の尾道散策の時間を十分に取ることができました。

Dsc04136 新潟空港から、朝一番の飛行機で伊丹空港へ。空港からリムジンバスに乗り、JR新大阪駅へ。新大阪駅から福山駅までは、新幹線で行き、在来線(山陽本線)に乗り換え、尾道駅入りします。食事は駅弁を購入し車中でいただきます。

尾道と言えば私が大好きな大林宣彦監督の出身地であり、「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の尾道三部作に始まる大林作品の”ふるさと”でもあります。数多くの大林作品が撮影された尾道へとうとうやってきました。

新幹線の駅で新尾道駅というのもあるのですが、尾道に行くなら、在来線で海岸線を走り、いくつもあるトンネルを抜けた時、眼下に広がる景色を観たいと思い、各駅停車で尾道駅へ。「マヌケ先生」の冒頭、蒸気機関車が走る、あの線路です。さすがに現在は蒸気機関車ではありませんが。

12:42尾道駅着。「転校生」にも登場した尾道駅です。小さめの駅Dsc04134 舎です。駅を降りると、バスターミナル。妙に整備された感じがします。観光客が多いのでしょうから、分かりやすくて良いのでしょう。駅からも海が見えます。これが尾道水道。駅を出て振り返ると、すぐに山という感じで、斜面があり、そこには所狭しと住宅が立ち並んでいました。

駅から近い宿泊予定のホテルに向かい、荷物を預け、いざ出発。

ホテルの前にレンタサイクル店がありました。自転車で風をきって走るのも良いのでしょうが、まずは徒歩で散策です。向島へ行くのであれば、自転車が良いかもしれません。

ロケ地巡りが目的ではありますが、ここだけは行きたいという場所以外はあまり目的を持たずに、散策することにしました。迷うことが尾道散策の醍醐味ですから。

つづく。

« 春の足音 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.72 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44239368

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産への旅 広島編 その3:

« 春の足音 | トップページ | プリウスくんが行く!Vol.72 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ