« 「イエスマン “YES”は人生のパス ワード」私的映画考Vol.179 | トップページ | 祝!10万アクセス達成 »

2009/03/28

SONY 新ブルーレイディスクレコーダー発表!2009春

iconicon SONY BDZ-A950

先日、ソニーより、デジタルハイビジョンチューナー内蔵HDD搭載ブルーレイディスク/DVDレコーダーの新機種が発表になりました。「BDZ-A950(168,000円)」icon、「BDZ-A750(138,000円)」icon (価格は発売時のソニースタイル価格)。Aシリーズは、いろいろな楽しみ方で映像生活を満喫できる多機能モデル。4月24日発売予定。

A70の後継モデルのBDZ-A750は、ハードディスク容量500GB、デジタルダブルチューナー内蔵、BDZ-A750は、ハードディスク容量320GB、デジタルダブルチューナー内蔵。

新モデルは前面のパネルと天板との隙間を無くし、筐体を15mm薄型化。外形寸法は約430×333×79.8mm(幅×奥行き×高さ)。より薄型になりシンプルになり、ソニーらしいデザインになっています。

2008年9月モデルより追加された新映像エンジン「CREAS(クリアス)」を搭載し高画質化を実現し、「x-みどころマガジン」も引き続き搭載。他にも「お気に入り番組表」「x-おまかせ・まる録」「BD-Live」「ブラビアリンク」「ソニールームリンク」「リモート録画予約」等々の機能を満載。Aシリーズの特徴の一つである「おでかけ転送」もあります。

今回の新モデルの注目は「アクトビラダウンロード」対応でしょう。アクトビラベーシック、ビデオ、ビデオ・フルの全てに対応していて、現在TSUTAYA TVが実施しているダウンロードサービスにも対応します。

アクトビラ ビデオ・フルの購入では、レンタルとセルスルー方式の2つが選択可能。ダウンロード中の追いかけ再生が可能で、ダウンロードしたコンテンツは通常の録画番組と同様にクロスメディアバーの「ビデオ」列に表示されるとのこと。

そして、ダウンロードしたコンテンツは、通常のテレビ番組と同様におでかけ転送が可能なのです。対応するウォークマンやプレイステーション・ポータブル(PSP)におでかけ用のファイルを作成、USBケーブルにて本体前面の「ワンタッチ転送」ボタンを押すだけで転送できます。

様々な機能を搭載した新モデル・Aシリーズ二機種。転送機能を利用して様々な番組やコンテンツを持ち出すことができます。面白い機能です。「ルームリンク」にも対応していますから、別の部屋にいながら、本体に録画したアクトビラ・ビデオを楽しむこともできます。

他にもハイビジョン番組をカンタン・便利に録れるスタンダードモデルTシリーズ、思い出を楽しくハイビジョンで残せるファミリーモデルLシリーズ、高品位な映像と音を堪能できるプレステージモデルXシリーズと4シリーズ7機種となったソニーブルーレイディスク/DVDレコーダー。

使い方を考え、ライフスタイルに合わせて選べて使えるます。さらに高画質に、さらに便利な機能を追加し、ドンドン進歩していくのも嬉しい限りです。

« 「イエスマン “YES”は人生のパス ワード」私的映画考Vol.179 | トップページ | 祝!10万アクセス達成 »

ホームシアター」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44474372

この記事へのトラックバック一覧です: SONY 新ブルーレイディスクレコーダー発表!2009春:

« 「イエスマン “YES”は人生のパス ワード」私的映画考Vol.179 | トップページ | 祝!10万アクセス達成 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ