« 「フローズン・タイム」鑑賞 | トップページ | 2009夏VAIO 第1弾 発表! »

2009/04/09

新潟市 定額給付金の受付始まる

新潟市で、定額給付金の支給受付が開始されました。

定額給付金は住民の生活支援と地域の経済対策を目的とする国の事業。すべての国民に対して12,000円(18歳以下と65歳以上には20,000円)が支給されます。財源はすべて国が負担し、支給事務は市町村が行います。

2009年3月末に「申請書」が世帯主あてに発送され、我が家には4月初旬に到着しました。さっそく、「申請書」に記入します。支給対象者の氏名、金額を確認後、住所・氏名などを記入し、裏面には、口座情報を記入します。

この「申請書」がわりと分かりづらい説明になっていました。私は、こういう書類の記入には慣れていますから、どこを見て、確認し、どこに印鑑が必要でと言うツボを心得ていますが、あまり見慣れていない方は大変かもしれません。

特に、裏面の口座情報を記入する部分です。あたかも、印鑑を押す事が必須であるかのように取られてしまうようになっていました。実際は、世帯主以外の名義の金融機関口座への送金を希望する場合だけ、「委任状」の記入が必要で、その際、世帯主の認め印が必要なのです。良く読めばそう書いてありますが、これがちょっと分かりにくかった。

それと、通帳の写しも添付するのですが、そこが分かりづらくなっており、おそらくは、添付漏れの方が多いのではないかと予想されます。書類に不備があれば支給の時期が遅れてしまいますので、良く読んで、理解し、記入することが必要です。

振込か現金で受け取ることができますが、現金の受け取り開始は5月下旬を予定していますから、かなり遅くなります。振込にしても「申請書」返送後1ヶ月半かかると言うことですから、早くても5月のGW前後に振り込まれると言うことになります。

GW前に支給されれば、また状況も変わるのでしょうが、連休後の支給となれば、使い道が変わるというモノです。新潟市では、「定額給付金」の対象世帯が約31万世帯、同時に行われる「子育て応援特別手当」の対象世帯が約1世帯となるらしく、大量のデータ処理に時間がかかるため、支給は5月の連休前後になるとのことです。

経済対策のためと言われて、「定額給付金」が話題になってから半年以上が経っていますが、ようやくの支給開始です。新潟市はやや遅めの支給時期にはなりますが、それにしても、こういうモノはスピードが大切だと思います。やるならすぐやる。その方が効果は高いように思います。

ひとり12,000円という金額が多いのか少ないのか、それはひとぞれぞれでしょうし、使い方も様々でしょう。貯金するには少なすぎ、大きく使うには少なすぎ、何かの足しにするという事ではあるのでしょうが、経済効果としてはどうなりますか。

今年のGWは高速道路料金の上限が1,000円ですし、定額給付金の支給もありで、遠出の旅行を計画されている方も多いでしょう。いつもの年にも増して高速道路は渋滞するでしょうし、観光地等は混雑もあるでしょう。こう言うときは、近場でのんびり過ごすのも良いかもしれません。ドライブも良いですし、案外空いている映画館も良いですね。それだと、12,000円で十分おつりが来ますね。

« 「フローズン・タイム」鑑賞 | トップページ | 2009夏VAIO 第1弾 発表! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44614006

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟市 定額給付金の受付始まる:

« 「フローズン・タイム」鑑賞 | トップページ | 2009夏VAIO 第1弾 発表! »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ