« プリウスくんが行く!Vol.76 | トップページ | 今年一番の暑さ »

2009/05/21

佐渡汽船も1000円

2009年3月から始まった自動料金収受システム(ETC)を利用しての土日祝日の高速道路料金が1000円に合わせて、佐渡汽船のカーフェリーの乗用車搬送料が、片道1000円に引き下げることになりました。期間は2009年5月30日から7月26日まで。

通常、新潟-両津間のカーフェリー利用の乗用車搬送料金は、車長6メートル未満の乗用車であれば、片道20,040円(2009年5月現在)。搬送料には1人分の旅客運賃が含まれるとはいえ、かなりの高額です。これならば、現地でレンタカーを借りたり、タクシーを利用したり、公共交通機関を利用する方が良いように思ってしまいます。

が、今回の割引実施により、車長6メートル未満の乗用車で、土日祝日の本土発に限り片道1000円になるのです。対象は新潟―両津、直江津―小木間、期間は2009年5月30日から7月26日まで。

通常料金とは違い、運転手の旅客運賃が別途掛かるモノの、2等客室利用で+2,320円ですから、合計3,320円となり、16,000円ほど安くなります。復路は4日以内なら平日でも1000円となります。

新潟市からも晴れた日には佐渡が島が見えることもあり近いのですが、新潟市に住んでいる私でも、なかなか行くことのない場所です。世界遺産の登録を目指す佐渡金山もあり、観光地としては見どころ満載なのですが、渡航してからの交通の利便性を考えると二の足を踏んでしまうのも事実です。

ETC割引に+1000円出せば、佐渡まで行けるとなれば、県外から佐渡までの誘客につなげる事もできるかもしれません。ただ、期間が短いのがもったいない。本格的な夏休みを目前に割引サービスが終わってしまうというのはいかがなモノか。

ETC割引は、お盆や年末年始の移動が集中する期間には、平日でも1000円になるような話しですから、ぜひとも佐渡汽船も期間の延長をお願いしたいところです。まあ、お金の出所(差額は佐渡市が負担)が違うのですから、なかなか難しいのは分かりますが。

6月はカンゾウの花が咲く頃で、佐渡観光には良い季節(佐渡カンゾウ祭り:2009年6月14日)ですから、利用客が多ければ、秋以降の値引きも期待できるのかもしれません。今回の割引サービスで、観光客減少に歯止めが掛けられるのか?期待しましょう。なんだか、私も行きたくなってきました。

« プリウスくんが行く!Vol.76 | トップページ | 今年一番の暑さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44987176

この記事へのトラックバック一覧です: 佐渡汽船も1000円:

« プリウスくんが行く!Vol.76 | トップページ | 今年一番の暑さ »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ