« 「新宿インシデント」鑑賞 | トップページ | 「ブレス」私的映画考Vol.182 »

2009/05/03

エコポイントって その2

省エネ家電を購入すると「エコポイント」がで付与される制度が、2009年5月15日からスタートします。

環境省・経済産業省・総務省では、さまざまな商品やサービスと交換できる「エコポイント」を省エネ家電購入時に付与するグリーン家電普及事業において、2009年5月15日以降の対象製品購入時からエコポイントを付与すると発表されていました。

エコポイントは、省エネ効果の高い家電製品の購入に対して付与されるポイントで、さまざまな商品やサービスと交換可能できると言うことです。対象製品は、

1.エアコン
平成21年5月上旬に予定される改正後の統一省エネラベル4☆基準を満たす製品。

2.冷蔵庫
平成21年5月1日から実施される改正後の統一省エネラベル4☆基準を満たす製品。但し、該当製品のない定格内容積400リットル以下の冷蔵庫については、現時点で省エネレベルが最高水準にある製品(改正前の統一省エネラベル5☆基準を満たす製品)

3.地上デジタル放送対応テレビ
現行の統一省エネラベル4☆基準を満たす製品。統一省エネラベルの基準が設定されていない以下の製品につき、現行の統一省エネラベル4☆相当の基準を満たすと認められるもの。
   - プラズマ・フルハイビジョンテレビ
   - LEDバックライト液晶テレビ
   - ワイヤレス方式液晶テレビ

となりました。各メーカーのエコポイント対象製品は、

  • エアコン [PDF 71KB]
  • 冷蔵庫 [PDF 65KB]
  • 地上デジタル放送対応テレビ [PDF 66KB]
  • となっています。ソニーのデジタルハイビジョン液晶テレビの現行モデルで言えば、全9シリーズXR1、X1、ZX1、W5、F5、F1、V5、J5、M1の16V型から55V型までをラインナップ。旧モデルも一部対象となっています。

    新発売のV5シリーズは、人感センサーを搭載し、テレビの前から人がいなくなると自動で画面を消したりできますし、W5、F5、V5には省エネスイッチが搭載され、電源コードを抜かずにスイッチ一つで節電できます。省エネ機能も充実し、さらなる環境性能を追求しています。

    まずは、対象製品が正式発表と言うところまで来ましたが、ポイント還元方法等、制度の詳細はまだまだ未知数。対象家電商品の購入に合わせ、同種の古い家電をリサイクルした場合、「リサイクル料金相当分」程度のポイントも付与されるらしいですから、私ももう1台のテレビの買い換えも検討しようかと思っています。秋のモデルチェンジを待つとは思いますが、その前に夏のボーナス商戦でしょうねえ。

    iconicon

    « 「新宿インシデント」鑑賞 | トップページ | 「ブレス」私的映画考Vol.182 »

    ホームシアター」カテゴリの記事

    日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44879785

    この記事へのトラックバック一覧です: エコポイントって その2:

    « 「新宿インシデント」鑑賞 | トップページ | 「ブレス」私的映画考Vol.182 »

    2015年11月
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30          

    最近のトラックバック

    無料ブログはココログ