« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その96 | トップページ | エコポイントって その2 »

2009/05/02

「新宿インシデント」鑑賞

先日、「新宿インシデント」を観てきました。イー・トンシン監督作品。出演:ジャッキー・チェン(「ドラゴン・キングダム」「ラッシュアワー」)、ダニエル・ウー、シュー・ジンレイ、ラム・シュー、ファン・ビンビン、加藤雅也、倉田保昭、竹中直人他。

集団不法入国が頻発する1990年代。世界一の歓楽街、新宿・歌舞伎町。恋人を探して密入国した男・鉄頭(ジャッキー・チェン)。仲間を頼り、苦しくとも何とか生活をしていく鉄頭たちだったが、新宿にはびこるヤクザ、華僑らに阻まれ、思うように稼げてはいなかった。ある日、ある事件をきっかけに、ヤクザの幹部・江口(加藤雅也)の命を助ける。いつしか、鉄頭は新宿裏社会の実力者となっていく。そして、奇妙な友情で結ばれていく鉄頭と刑事・北野(竹中直人)。ふたりの運命は・・・。

コミカルでスピーディなアクションが全くないジャッキー・チェン主演映画。新宿を舞台に骨太の人間ドラマを展開します。そこに描かれているのは、日本の恥部、新宿の恥部とも言えるような裏社会。そこで生きる人間たちは欲望の固まりで、金のため名誉のためなら何でもやる様な人々。恋人を探し慎ましく生きようとしても、そうもさせてくれない。

いつしか、不法入国者たちのまとめ役となっていく鉄頭。そして、手段を選ばなくなる鉄頭は、日本のヤクザ社会へと入り込んでいく。鉄頭は、日本で生きていくことを決め、部下たちに新宿を任せ、別会社を経営していくが、そのことから抗争は激化していくが・・・。

権力を掴んだ人間は、さらなる欲望の虜となり、墜ちていく。人間は何のために生まれてきて、何のために生きるのだろう。そして、何に幸せを感じて生きていけるのか。一昔前の昭和の任侠映画の様な雰囲気のある、バイオレンス作品。残酷なシーンもかなりありますので、鑑賞には注意が必要です(R-15指定)。

アクションシーンはまったくと言っていいほどありませんので、エンドロールでおなじみのNGシーンはありません。あしからず。

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その96 | トップページ | エコポイントって その2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます
ほんとですね。
日本語にも字幕を付けてほしいですね

よっこさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。
「新宿インシデント」は中国語(日本語字幕)と日本語で、半分ずつくらいでしょう。中国人の集団が主人公なので、やや中国語が多いかもしれません。

ジャッキーも日本語を話しますが、あまり上手とは言えないので、字幕を出して欲しいと思うくらいです。

tobio

この映画はほとんど日本語ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/44822443

この記事へのトラックバック一覧です: 「新宿インシデント」鑑賞:

» 『新宿インシデント』・・・ ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:香港映画、イー・トンシン監督&脚本、ジャッキー・チェン、竹中直人、ダニエル・ウー、シュー・ジンレイ、加藤雅也、ファン・ビンビン、峰岸徹、拳也(澤田謙也から改名?)、長門裕之共演。... [続きを読む]

« PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その96 | トップページ | エコポイントって その2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ