« 「重力ピエロ」鑑賞 | トップページ | 「ラスト・ブラッド」鑑賞 »

2009/06/05

プリウスくんが行く!Vol.79

先日、プリウスくんの2回目の車検を受け、新型プリウスの試乗もし、その時にカタログもいただいてきました。

今すぐ買うわけではありませんが、新製品のカタログを見るというのは楽しいモノです。特に新型プリウスには先進機能が満載されていますから、楽しみも倍増です。最初の印象はエコロジーを前面に押し出しているなあと言う感じ。全面、地球をイメージする青が基調になっています。

ハイブリッドカーとは?という説明もあります。他社製ハイブリッドシステムとの違いを詳しく図解してくれているので、とても分かりやすいです。

そもそも新型プリウスには、大きく分けて3グレードがあります。PRIUS L、PRIUS S、PRIUS Gです。SとGには、ツーリングセレクションやレザーパッケージ(Gのみ)があり、全6グレードとなります。それぞれに、メーカーオプションが付けることが出来ます。

価格はPRIUS Lは、消費税込みの本体価格は205万円、PRIUS Sは220万円、PRIUS Gは245万円です。最上位モデルのPRIUS G ツーリングセレクション・レザーパッケージは327万円となります。私がプリウスくんを購入したときもそうでしたが、おそらく値引は一切ないものと思います。

価格は205万円から327万円とかなりの幅があります。ちなみに1500CCの2代目プリウスのEXは189万円。本来ここに、15万~20万円の取得税や重量税が掛かりますが、平成24年春までは免税になっていますので掛かりません。

とりあえず見積書をいただきました。Sグレードにメーカーオプションのソーラーパネル付きムーンルーフ225,750円を加え、フロアマット、サイドバイザーを加えます。自動車税は10月で計算。下取り車なし。リサイクル料や自賠責保険、スマイルパスポート等を加え増して、合計2,642,335円となりました。サイドバイザーや納車費用等削る事の出来る項目もありますが、とりあえずの価格はこんな所です。

ところが、です。当然ですが、各グレードの標準装備には差があります。カタログを見ていて、一番問題だなあと思ったのは、クルーズコントロール機能です。これが、Gグレードにしか装備されていないのです。

私は良くこのクルーズコントロール機能を使います。セットすれば、アクセルを踏まなくても一定速度で走行できる機能です。燃費を良くするのは一定速度で巡航することだと思っていますから、高速道路や新潟バイパスではもちろん、混雑していなければ一般道でも多用しますので、大変重宝していました。

2代目プリウスの時には、Sグレードにも標準装備されていましたが、3代目にはGグレードしか装備されていません。メーカーオプションで追加できれば良いのですが、そうでもないようです。ハイブリッド車には必須だと思っているクルーズコントロール機能がないのであれば、Gグレードにするしかないようです。

ソーラーパネル付きムーンルーフを外せば、SとGの差は25万円ですからあまり変わらない価格にはなりそうです。が、せっかくの新しい機能を使ってみたい気もするのです。まあ、私の購入予定はまだまだ先ですから、変わる可能性もありますしね。

2009年5月の月間新車販売台数10,915台でプリウスが1位となりました。ホンダインサイトも3位で8,183台でした。全体で17.8万台でしたからおよそ、12%がハイブリッドカーでした。購入時の減税・免税や、エコブームに乗って、人気が高まっているようです。

今後も、カタログをさらに吟味して、新機能についても勉強してみようと思います。

« 「重力ピエロ」鑑賞 | トップページ | 「ラスト・ブラッド」鑑賞 »

プリウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プリウスくんが行く!Vol.79:

« 「重力ピエロ」鑑賞 | トップページ | 「ラスト・ブラッド」鑑賞 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ