« 「そんな彼なら捨てちゃえば?」鑑賞 | トップページ | 「2009日本海夕日コンサート」開催 »

2009/08/06

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その102

PSP 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威

「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」を始めて、早一年半。全13勢力すべてのシナリオで勝利し、一回りしましたが、メカニック図鑑のコンプリートを目指して、引き続きプレイ中です。

前回のゲーム、アクシズ編は無事、勝利することができました。

メカニック図鑑コンプリートへ向けてのお題は、「キュベレイマークⅡ(エルピー・プル専用機)」。キュベレイには、劇中ハマーンが乗る白い機体のオリジナル・キュベレイや、エルピー・プルの乗る紫の機体のマークⅡと、プルツーの乗る赤い機体のマークⅡと、プルクローンの乗る紫の機体の量産型というバリエーションがあります。

エルピー・プル専用機は、オリジナル機体にプルを搭乗させ、改造して作ります。改造の場合、意識しないと作れない機体ですし、キュベレイを生産できる勢力で、かつプルが在籍していなければいけませんので、なかなか作ることができずに、取りこぼしておりました。

さらに、キュベレイ自体、高価なモビルスーツですから、それを改造するとなると、資金も資源もそれ相当のモノが必要となります。

ティターンズを壊滅させ、エゥーゴと交戦、地上高か作戦も終了し、グラナダでの最終決戦あたりで、ようやく「キュベレイマークⅡ(エルピー・プル専用機)」を作ることができました。一時はかなりの劣勢になり、どうなることかと思いましたが、体制を立て直し、何とかエゥーゴを壊滅させることができました。

最後の勢力はシャア率いるネオ・ジオン軍。ハマーン、プルの乗るヤクト・ドーガ、プルツーの乗るαアジール、他にもギラ・ドーガを大量生産し圧倒的戦力で、サイド1、スィートウォーターに突入します。シャアvsハマーンのヤクト・ドーガ同士の対決を制し、アクシズ軍の勝利となりました。

これで、メカニック図鑑コンプリートの道もそろそろお詰めとなり、最後の機体「ガンダムマークⅡ試作0号機、型式:RX-178-X0」だけとなりました。前回のプレイでの反省を活かし、今度こそ開発を達成したいと思います。いよいよコンプリートが見えてきました。

PSP 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V

« 「そんな彼なら捨てちゃえば?」鑑賞 | トップページ | 「2009日本海夕日コンサート」開催 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その102:

« 「そんな彼なら捨てちゃえば?」鑑賞 | トップページ | 「2009日本海夕日コンサート」開催 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ