« 朱鷺、第2回放鳥始まる! | トップページ | 「ワイルド・スピード MAX」試写会へ »

2009/09/30

2009.09映画鑑賞総括

9月の劇場での映画鑑賞は8本。今年の累計74本。今月はまずまずの本数で推移しました。

0901   GOOD BAD WERD
0904   20世紀少年<最終章>ぼくらの旗
0908   サブウェイ123 -激突-
0910   3時10分、決断のとき
0915   ウルヴァリン/X-MEN ZERO
0917   私の中のあなた(試写会)
0924   ココ・アヴァン・シャネル
0929   ワイルド・スピ―ドMAX(試写会)

今月は少ないながらも、アクション、SF、ドラマとバラエティに富んだ作品がありました。

人気コミックの実写映画化作品「20世紀少年」もついに完結。原作コミックに登場するキャラクターに、良く似た俳優が次から次へと登場し、それだけでも面白いのですが、新たに再構成された物語が良かったです。確かに原作の物語は、週刊連載のためか、ちぐはぐになっている部分がいくつかありましたが、それをさらに整理して原作者も加わって脚本化されていますので、わかりやすくなっていました。劇的なクライマックスも大迫力で、感動もひとしおでした。

「グッド・バッド・ウィアード」と「3時10分、決断のとき」は西部劇のリメイク作品。なぜ、今の時代に西部劇なのか?と思わないこともないですが、初めて観る私としては、そんなことはあまり関係が無いような気もします。それでも、テーマとしては現代に通じることが語られていますから、昔も今も変わらないと言うことでしょう。

西部劇2作と「ウルヴァリン」「ワイルドスピード」とアクション作品が多かったですが、実写の部分が多くて感嘆しました。CGに慣れているせいか、本物の爆発シーンを観ると、わくわくしてきます。スピード感あふれるチェイス(馬・車)シーンはこれまた大迫力。どんなシーンでもCGで作れてしまう時代ですが、そこを実写にこだわって撮影すると言う心意気が良い作品を作ることになるのでしょう。

今月は久しぶりに試写会が当たりました。5月の「お買い物中毒な私!」以来、実に4ヶ月ぶり。久しぶりに当たったと思ったら今月は「私の中のあなた」「ワイルドスピード」の2作品でした。嬉しい限りです。「私の中のあなた」は今秋オススメの感動作です。ぜひ、ご覧ください。

来月10月は、今月始まってまだ観ていない作品を観た後は、「さまよう刃」「エスター」「きみがぼくを見つけた日」と期待作が目白押しです。今年も早いモノであと3ヶ月。劇場での年間100本鑑賞としては、ようやく先が見えてきた感じです。

« 朱鷺、第2回放鳥始まる! | トップページ | 「ワイルド・スピード MAX」試写会へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46345069

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.09映画鑑賞総括:

» サブウェイ123 [かなの日記]
movie ... 家でDVDだと途中で寝ちゃうから映画館行って最後まで集中して... [続きを読む]

« 朱鷺、第2回放鳥始まる! | トップページ | 「ワイルド・スピード MAX」試写会へ »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ