« リーガエスパニョーラ09-10第2節に異常あり?! | トップページ | ルームリンクで家中ホームシアター Vol.2 »

2009/09/11

「3時10分、決断のとき」鑑賞

先日、「3時10分、決断のとき」を観てきました。ジェームズ・マンゴールド監督作品。出演:ラッセル・クロウ(「ビューティフル・マインド」「ワールド・オブ・ライズ」)、クリスチャン・ベイル(「ターミネーター4」「ダークナイト」)、ピーター・フォンダ、グレッチェン・モル、ローガン・ラーマン他。

妻と二人の息子と暮らす牧場主ダン(クリスチャン・ベイル)は、地主から借りた金を返せずに土地からの立ち退きを迫られていた。ある日、ダンは強盗団のウェイド(ラッセル・クロウ)一味が駅馬車を襲う現場を目撃する。町へ出たダンは、ウェイドが逮捕される現場に偶然立ち会った事から、彼を護送する仕事を志願する。金のためだ。刑務所のあるユマ行きの列車が出るのは、明後日の午後3時10分。ウェイドの仲間たちの追撃をかわしながらの護送が始まった。

グレン・フォード主演の1957年の同名作品のリメイク。

南北戦争で片足を失った牧場主のダン。家族で牧場を経営し生計を立てていたが、地主への借金返済が滞り、嫌がらせを受けていた。このままでは、牧場どころか、住む家さえも手放さなければならない。

そんなとき、ウェイド一味と遭遇。現金を輸送する馬車を襲撃するウェイド一味。馬車を追いかける馬群。銃撃戦。もちろんCGはなしで、大迫力です。昨今のCGを加味したアクションを見慣れているせいか、実写のアクションシーンに強烈な印象を受けます。

ひょんなことから、ウェイドを護送することとなったダン。極悪人のウェイドではありますが、長男のウィリアムは羨望の眼差しで見つめたりします。護送の一団は、素人も混ざっています。様々な襲撃を受けつつ、目的地へと進みますが、一人、また一人と仲間は殺されていきます。

クライマックスは駅周辺での銃撃戦。壮絶な撃ち合いが始まります。果たして、ダンは、ウェイドを汽車に乗せることができるのか?家族を牧場を守るため必死に戦うダン。そして、それは自らの誇りのための戦いでもありました。奇妙な友情さえも感じ始めたふたり。親子の絆。すべてが結実するラストは実に感動的。

人間的な魅力もある強盗団のボスにラッセル・クロウ、自分の誇りのために護送を続ける牧場主のクリスチャン・ベイル。2大スターが共演する、ウエスタン作品。

« リーガエスパニョーラ09-10第2節に異常あり?! | トップページ | ルームリンクで家中ホームシアター Vol.2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46110232

この記事へのトラックバック一覧です: 「3時10分、決断のとき」鑑賞:

« リーガエスパニョーラ09-10第2節に異常あり?! | トップページ | ルームリンクで家中ホームシアター Vol.2 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ