« 「フロスト×ニクソン」私的映画考Vol.197 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第3節 »

2009/09/23

ルームリンクで家中ホームシアター Vol.3

我が家では、リビングがホームシアターの中心であることは、間違いないのですが、時にはリビングで観たい番組を観られないときがあります。そんなとき、どうするかと言えば、「後で観る」「別の部屋で別の番組を観る」「メディアにダビングして別の部屋で観る」となってしまいます。

そこで、登場するのが「ソニールームリンク」です。ソニールームリンクは、DLNAなどのホームネットワークを介して、様々な機器をつなぎ、動画、写真、音楽を共有し、楽しみ方を広げるソニー商品の機能です。

さっそく、対応製品を調べてみると、ブラビアKDL-40X1、ブルーレイレコーダーBDZ-L70、VAIO VGN-TT92JSが該当。無線LANはもともと設定してありましたから、そのまま利用します。個別の設定を始めます。

サーバーはリビングにあるブルーレイレコーダーBDZ-L70。クライアントはVAIO VGN-TT92JS。

映像や写真、音楽等を保存しておくのがサーバー側。「無線LANコンバーター 」を接続し、[ホーム]-[設定]-[通信設定]-[ネットワーク設定]で、ネットワークの設定を行います。続いて[ホームサーバー設定]を行います。「サーバー機能」を”入”にし、「クライアント機器登録方法」を”自動”にします。これでサーバー側の設定は終わりです。

続いてクライアント機器の設定を行います。今回はVAIOを使います。VGN-TT92JSの「VAIO Media plus」を利用します。[設定]-[通信]-[かんたん設定]を実行します。指示通り進むと簡単に設定は終わります。詳細設定もあるのですが、特に変更する必要はありません。

これで、サーバー、クライアント双方の設定は終わりです。早速、パソコンから画面を確認します。「VAIO Media plus」の画面は、ソニー製品でおなじみの「クロスメディアバー」が表示されます。設定、フォト、ミュージック、ビデオ、ビデオ(テレビ録画)から、ビデオ(テレビ録画)を選択すると、サーバー機器に録画されているタイトルリストが表示されます。

タイトルリストから番組を選択し、実行しますと、映像がパソコンの画面上で再生されました。おー。ハイビジョン録画されている映像が、パソコンのディスプレイに表示されました。画質は少し落ちているようですが、それなりに美しい映像です。音声は当然、ステレオです。これなら十分に鑑賞に堪えます。

以前、カタログか取扱説明書かで読んだと思うのですが、「DRモードで録画されたタイトル」のみが再生できると書いてあったような気がしまして、このルームリンク機能自体を忘れていました。が、VAIOで再生する場合は、DRモード以外でも機能します(条件あり)。よーく説明書を読むとそう書いてありましたが、やってみないと分からない勘違いでした。思い込みというのは怖いモノです。

これなら、十分使えます。もっと、勉強して、ホームネットワークを拡充すればもっと便利に使えるはずです。つづく。

« 「フロスト×ニクソン」私的映画考Vol.197 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第3節 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46288906

この記事へのトラックバック一覧です: ルームリンクで家中ホームシアター Vol.3:

« 「フロスト×ニクソン」私的映画考Vol.197 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第3節 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ