« 「さまよう刃」鑑賞 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その104 »

2009/10/17

「M:I - 2」私的映画考Vol.199

今日ご紹介するのは、「ミッション:インポッシブル-2 M:I - 2」です。ジョン・ウー監督作品。出演:トム・クルーズ(「ワルキューレ」「宇宙戦争」)、サンディ・ニュートン(「シャンドライの恋」「幸せのちから」)、ダグレイ・スコット、ヴィング・レイムス、リチャード・ロクスバーグ、ジョン・ポルソン、ブレンダン・グリーソン、レイド・セルベッジア、ウィリアム・R・メイポーサー、ドミニク・パーセル、アンソニー・ホプキンス(「アトランティスのこころ」)他。

休暇中のIMFのエキスパート、イーサン・ハント(トム・クルーズ)の元に、司令官スワンベック(アンソニー・ホプキンス)から新たな指令が入る。今回の使命はテロリスト、ショーン・アンブローズ(ダグレイ・スコット)が奪った驚異の殺人ウィルス“キメラ"と解毒剤“ベレロフォン"を奪還すること。アンブローズの元恋人である女泥棒ナイア(サンディ・ニュートン)をメンバーに引き入れ、奪還を試みるが、ナイアが殺人ウィルスに感染してしまう。タイムリミットは30時間。解毒剤を手に入れることは出来るか?!

不可能な任務に挑むスペシャリストの活躍を描くスパイ・アクション「ミッションインポッシブル」シリーズ第2作。現在まで、シリーズは3作まで作られています。1作目は硬派なイーサン・ハント(監督:ブライアン・デ・パルマ)、2作目は軟派なイメージ(監督:ジョン・ウー)、3作目(監督:J.J.エイブラムス)は激しやすく熱い中にも頭脳明晰なイメージ。三者三様のイーサン・ホークが楽しめる人気シリーズになっています。

「エイリアン」シリーズもそうでしたが、監督によって雰囲気ががらっと変わり、それでいて、ぞれぞれの作品の違いを楽しめるようにもなっています。作品の出来映えとしても三者三様。サスペンスあり、派手なガンアクションあり、ロマンスありと多様なので、好みは分かれるところでしょう。

本作「M:i-2」の監督には「フェイス/オフ」のジョン・ウーが起用され、とにかく格好良いアクションを展開すると共に、全体を通してのロマンスが外連味たっぷりに描かれています。

ナイアを仲間に引き入れるため、ハントはスペインへ飛び、ナイアと接触しますが、美しき彼女といつしか恋におちてしまいます。この出会いのシーンが秀逸です。音楽、カメラワーク、表情。どれをとっても美しい。そして、ハントとナイアのカーチェイスは楽しさもあり、美しさもあり、ユーモラスでもあります。クルクル踊るように車が廻るシーンは幻想的でもあります。

アンブローズの元恋人である女泥棒ナイア。ただ利用するだけの存在のはずだったのに、愛し合うようになってしまった二人。アンブローズに接近し、彼の計画を調べ出すという作戦を聞いた時のハントの衝撃は凄まじかったでしょう。そして、それをナイアに伝えなければならない。胸を引き裂かれる思いです。作戦遂行中も、接触する二人。しばし見つめ合う。想いが伝わってきます。

キメラを破壊すべく製薬会社に潜入するハント。正体のばれたナイアを人質にし、アンブローズはハントを待ち受けます。ここでの銃撃戦は果てしなく美しいです。「フェイス/オフ」のアジトでの銃撃戦にも匹敵する美しさ。スローモーションを多用し、見せるべきところはしっかりと見せ、舞うように身を翻します。

ナイアはハントを救うためとっさに自分自身にキメラを注射。ハントは脱出に成功したもののナイアの命はあと30時間。アンブローズの手から解毒剤を手に入れ、ナイアを救わなければ、世界中に殺人ウィルスが蔓延することになってしまいます。アンブローズのアジトに潜入する最後のミッションが始まる。

2丁拳銃を手に舞うハントを演じるトム・クルーズは銃撃戦、初体験だとか。クライマックスの銃撃戦は、ハントの怒り、憎しみが最高潮に達した状態で挑みます。その中に平和の象徴・白い鳩が舞う。バイクによるカーチェイスも大迫力。CGはありませんから、その爆発は本物。テンション上がります。大爆発あり、バイクアクションあり、銃撃戦ありとジョン・ウー監督らしい、アクションが展開します。

愛をとるのか任務をとるのか悩むハント。葛藤。そして、愛のために戦うハント。果てしのない死闘の末、ハントは安らぎを得たのかもしれません。今回、久しぶりに見直しましたが、格好良いモノは理屈抜きで格好良い。そして、そこにあふれるロマン。愛のために戦う男・ハント。しびれます。ぜひとも、シリーズの次回作が観たい作品です。

« 「さまよう刃」鑑賞 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その104 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私的映画考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46456965

この記事へのトラックバック一覧です: 「M:I - 2」私的映画考Vol.199:

« 「さまよう刃」鑑賞 | トップページ | PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その104 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ