« 「男と女の不都合な真実」鑑賞 | トップページ | 「30デイズ・ナイト」鑑賞 »

2009/10/09

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第5節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第5節は以下の3試合を鑑賞しました。

エスパニョール ‐ ヘレス
R・マドリード ‐ テネリフェ
マラガ ‐ バルセロナ

第5節。エスパニョールは、ヘレスをホームに迎えての一戦。負傷から復帰した中村は、久しぶりの先発出場。が、あまり良いところがありませんでした。チーム自体の連携がうまくいっていないのか。それとも、中村俊輔がチームカラーに合っていないのか。結局、お互い決定力に欠け、0-0で引き分けで終了。ようやく調子が出てきたエスパニョールの連勝が止まりました。

レアル・マドリードは、ホームでテネリフェと対戦。あいかわらず連携がうまくいっていないレアル。ようやくかみ合い始めた後半にはベンゼマがヘッドで決めて先制すると、その後は得点を重ね3-0で勝利となりました。爆発的な得点力が本領発揮する日はいつのことなのか。

さらに好調なバルセロナは、アウェイでマラガと対戦。レアルと違うのは序盤から攻撃陣がかみ合い、面白いようにボールを回し、得点を決めるところ。相手チームが、バルセロナの圧倒的な強さ、ボール支配率で、戦意喪失してしまいそうになるくらいです。FWイブラヒモヴィッチが決めるかと思えば、ゴール前での献身的なポストプレイも魅力的。それぞれの役割をゲーム内容に即して臨機応変に、アイディアあふれるプレイを展開してくれます。結果2-0でバルセロナが勝利し、5連勝。

個人技に優れたタレント揃いのレアル・マドリード。チームプレイのバルセロナ。個人技は大切なのはもちろんですが、さらに大切なのはチームプレイ。サッカーは一人では出来ないんですね。そのことを痛感させてくれる試合内容でした。第6節は、2009年10月3,4日(現地時間)。

« 「男と女の不都合な真実」鑑賞 | トップページ | 「30デイズ・ナイト」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第5節:

« 「男と女の不都合な真実」鑑賞 | トップページ | 「30デイズ・ナイト」鑑賞 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ