« 「週刊 手塚治虫 創刊第18号」鑑賞 | トップページ | 「レオン 完全版」私的映画考Vol.200 »

2009/10/21

「あなたは私の婿になる」鑑賞

先日、「あなたは私の婿になる」を観てきました。アン・フレッチャー監督作品(「ステップ・アップ」「幸せになるための27のドレス」)。出演:サンドラ・ブロック(「シャッフル」「イルマーレ」)、ライアン・レイノルズ(「ウルヴァリン X-MEN ZERO」)、ベティ・ホワイト、メアリー・スティーンバージェン、クレイグ・T・ネルソン、オスカー・ヌニェス、マリン・アッカーマン他。

ニューヨークの出版社で編集長として辣腕をふるうマーガレット(サンドラ・ブロック)。その暴君ぶりから社内では密かに魔女と呼ばれていた。ある日、カナダ人ある彼女はビザの申請を怠っていたため、国外退去を告げられてしまう。このままでは編集長の座を追われ、せっかく築いたキャリアを失ってしまう。そんな時、ひらめいたのが絶対服従のアシスタントのアンドリューと結婚することだったが・・・。

冒頭のマーガレット出社シーンはユーモアたっぷり。パリッとしたスーツ、タイトスカート、ハイヒールで颯爽と出社するマーガレット。入り口近くの社員から全員にメールが飛びます。「魔女が来た!」と。マーガレットが近くをとおると、その周辺の社員は豹変していく様が笑えます。

それと対照的に慌てふためいて出社するマーガレットのアシスタントであるアンドリュー。一所懸命仕事をしている割には、上手くいかないことも多い様子です。それに、マーガレットには絶対服従。白いモノでも黒と言わされそうな勢いです。

そんな二人が、キャリアのために偽装結婚をすることになりました。週明けには移民局の面談を受けなければいけない二人。この週末を利用して、お互いのことを知り尽くしていなければいけません。奇しくも、この週末はアンドリューの祖母の誕生日会。これは良い機会と、二人でアンドリューの故郷であるアラスカへと飛びます。

そこで、巻き起こる大騒動。アンドリューの母、祖母に温かく迎えられ、戸惑うマーガレット。16歳の時に両親を亡くし、以来、一人で懸命に生きてきたマーガレット。家族の暖かさをあらためて思い返します。仕事、仕事で脇目も振らず突っ走ってきた人生。結婚なんて仕事には邪魔なだけ。そう思ってきた人生。様々な思いが駆け巡ります。アラスカ滞在中に挙式をあげることになってしまった二人。このまま偽装結婚は成立してしまうのか・・・。

サンドラ・ブロック主演で、相変わらずのラブコメディで笑わせて、最後にはほろっとさせてくれます。家族の大切さをあらためて考えさせてくれる作品。

« 「週刊 手塚治虫 創刊第18号」鑑賞 | トップページ | 「レオン 完全版」私的映画考Vol.200 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46542147

この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたは私の婿になる」鑑賞:

« 「週刊 手塚治虫 創刊第18号」鑑賞 | トップページ | 「レオン 完全版」私的映画考Vol.200 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ