« 「あの日、欲望の大地で」鑑賞 | トップページ | 「ホワイトアウト」鑑賞 »

2009/11/16

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第10節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第10節は以下の3試合を鑑賞しました。

A・マドリード ‐ R・マドリード
バルセロナ ‐ マジョルカ
S・ヒホン ‐ エスパニョール

エスパニョールはアウェイでS・ヒホン戦。中村俊輔はベンチスタート。開始早々3分で先制されたエスパニョール。果敢に攻めるエスパニョールでしたが、堅い守りに攻めあぐねます。後半に入ると中村を投入し、攻撃の起点となるべく積極的に敵陣内に切り込みます。ゴール前、やや右からのフリーキックも壁を迂回したモノのキーパーにがっちり押さえられ、得点ならず。結局、そのまま試合終了。1-0でS・ヒホンの勝利となりました。

バルセロナはホームでマジョルカ戦。11分には、スルーパスに抜け出したペドロが先制ゴール。その後マジョルカに1点返され、あれれと一瞬思いましたが、40分にはまたもペドロがゴールを決めリードします。その後もアンリの今季初ゴール、メッシのPKと追加点で試合を決めます。

レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードは、マドリード・ダービー。お互いがホームのようなモノで、スタジアムは大盛り上がり。開始5分、カカーのミドルシュートで先制したレアル・マドリード。その後もマルセロ、イグアインがゴールを決め試合を決めたかのように思えました。が、セルヒオ・ラモスがレッドカードで退場し10人になるレアル。アトレティコの猛攻がさらに増します。一点差に詰め寄るアトレティコ。結局、猛攻をしのいだ、R・マドリードが勝利し、首位バルセロナとの勝ち点差1で追随します。

バルセロナvsレアル・マドリードのクラシコが近づき(第12節)、勝ち点差1という僅差になっています。クラシコを制したチームが前半の1位になることでしょう。レアルはC・ロナウドの復帰が待たれますが、いつのことになるのか?対するバルセロナも万全の体制で挑めるのか?お互いベストの状態でのクラシコに期待しますが、どうなることか。第11節は、2009年11月21,22日(現地時間)。

« 「あの日、欲望の大地で」鑑賞 | トップページ | 「ホワイトアウト」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第10節:

« 「あの日、欲望の大地で」鑑賞 | トップページ | 「ホワイトアウト」鑑賞 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ