« 「スペル」鑑賞 | トップページ | 「SAWⅥ/ソウ6」鑑賞 »

2009/11/09

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第9節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第9節は以下の3試合を鑑賞しました。

R・マドリード ‐ ヘタフェ
オサスナ ‐ バルセロナ
エスパニョール ‐ バジャドリード

第9節。レアル・マドリードはホームでヘタフェ戦。前半27分、レアルのにアルビオルがレッドカードを受け一発退場。10人となったR・マドリードは燃えます。前半をなんとかしのいだ後半、イグアインのゴールで先制すると、10人とは思えない攻撃力で、3分後にもイグアインが追加点を決めて2-0で勝利。

エスパニョールはホームでバジャドリードと対戦。中村俊輔をベンチスタート。積極的に攻撃を繰り返すもなかなか得点に結びつかないエスパニョール。0‐0で前半を折り返します。後半51分、ルイス・ガルシアが味方のロングボールに反応しシュート。エスパニョールが先制します。しかし、後半ロスタイム、バジャドリードMFメドゥンヤニンに痛恨の同点ゴールを決められ、1-1同点となってしまいます。誰もが勝利を確信していたのに、勝ち点3が逃げていってしまいました。

バルセロナはアウェイでオサスナ戦。バルセロナの攻撃陣は序盤からトップスピードで、ゲームを支配するものの、なかなかゴールを決めることができません。後半に入り、ようやく、ケイタのゴールで先制し、終盤へ。ロスタイムに入り、勝利を確信し、集中力が欠けたのか、速いクロスボールの処理を誤ったピケのオウンゴールで同点となってしまいます。そのまま1-1で終了。

まさかまさかの展開でした。ロスタイムで同点、引き分けとなってしまう試合を2試合見てしまいました。こんなこともあるんですねえ。ロスタイムでも試合をひっくり返すこともあるわけですから、1点差では安心できないモノ。勢いに乗りたかったバルセロナだけに、手痛い引き分けとなりました。第10節は、2009年11月7,8日(現地時間)。

« 「スペル」鑑賞 | トップページ | 「SAWⅥ/ソウ6」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第9節:

« 「スペル」鑑賞 | トップページ | 「SAWⅥ/ソウ6」鑑賞 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ