« リーガエスパニョーラ09-10シーズン第11節 | トップページ | 2009.11映画鑑賞総括 »

2009/11/28

「イングロリアス・バスターズ」鑑賞

先日、「イングロリアス・バスターズ」を観てきました。クエンティン・タランティーノ監督作品(「デス・プルーフ in グラインド・ハウス」「キル・ビル」)。出演:ブラッド・ピット(「バベル」「ベンジャミン・バトン」)、メラニー・ロラン、クリストフ・ヴァルツ、ダニエル・ブリュール、イーライ・ロス、ダイアン・クルーガー、ジュリー・ドレフュス他。

1941年、第二次世界大戦、ナチス占領下のフランス。“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。同じ頃、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れ、パリで映画館を営みながら、復讐する機会を待っていた。やがてバスターズはその映画館での作戦を計画するが・・・。

冒頭、通称“ユダヤ・ハンター”のランダ大佐がフランスの田舎を訪れるシーンは、状況の説明もありながら、緊迫感のある良いシーンでした。本作、全体でフランス語、英語、ドイツ語が飛び交うという状況、ユダヤ人迫害という状況の複雑さを表現していました。

居酒屋での英国軍とナチスSSとの駆け引きも見応えのあるシーンでした。会話や文化の違いを駆け引きの道具として、追い詰めてい会話劇。そして、始まる殺し合い。なんとも言えない緊張感が漂い、一触即発の状況に手に汗握ります。

他にも、それぞれに事情で思惑を抱えたクセのある人物たちが、次々に登場し、その暴走ぶりをユーモアたっぷりに描いていきます。相変わらずの残酷描写もありますが、やや控えめ。とはいえ、R15+指定だけのことはありますので、鑑賞には注意が必要です。

“バスターズ”と呼ばれナチスにも恐れられたユダヤ系アメリカ人チームが、ナチス撲滅を企て大暴れする戦争アクションコメディ作品。史実とは違うナチスの最後が訪れる。

« リーガエスパニョーラ09-10シーズン第11節 | トップページ | 2009.11映画鑑賞総括 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46762699

この記事へのトラックバック一覧です: 「イングロリアス・バスターズ」鑑賞:

« リーガエスパニョーラ09-10シーズン第11節 | トップページ | 2009.11映画鑑賞総括 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ