« WOWOW「サッカー国際強化試合」鑑賞 | トップページ | ジョアン・サルバンス「史上最強バルセロナ世界最高の育成メソッド」 »

2009/11/19

「PUSH 光と闇の能力者」鑑賞

先日、「PUSH 光と闇の能力者」を観てきました。ポール・マクギガン監督作品(「ラッキーナンバー7」)。出演:クリス・エヴァンス(「ファンタスティック・フォー」シリーズ「フェイク・シティ」)、ダコタ・ファニング(「シャーロットのおくりもの」「宇宙戦争」)、カミーラ・ベル(「紀元前1万年」)、ジャイモン・フンスー、ミンナ・ウェン、 ネイト・ムーニー、クリフ・カーティス、ニール・ジャクソン他。

念動力者<ムーバー>の能力を持つニック(クリス・エヴァンス)は謎の組織“ディビジョン”から逃れ、香港で生活を送っていた。そんな彼の元に予知能力者<ウォッチャー>の少女・キャシー(ダコタ・ファニング)が訪れる。キャシーは600万ドルのケースを持ってディビジョンから逃げている女性を探さないと大変なことになると告げ、ふたりで女性を探しはじめる。しかし、香港の街中で闇の能力者たちに襲われてしまうが・・・。

念動力者<ムーバー>、予知能力者<ウォッチャー>をはじめとする、様々な超能力者がケースをめぐって攻防を続けるSFサイキックアクション作品。音波を出すモノ、記憶を塗る換えるモノ、サイコメトラー、防壁を作るモノ等々。それぞれの能力者は一つの能力を授かり、それは親から遺伝するらしい。

興味深いのは未来を見通す力を持つ<ウォッチャー>同士の戦い。敵味方双方に存在するウォッチャーの読み合いは続き、静かな戦いを繰り広げます。それを破るためにニックが考え出した作戦とは・・・。

また、念動力者<ムーバー>同士の戦いも見応えがあります。が、もっと効率的な戦い方があるようにも思えてしまうのは、ちょっと惜しい。

ただ運命を信じるのか?それとも運命に立ち向かい、進むべき道を自ら切り開くのか?重大な秘密が隠されたケースとそれを持つ女性を巡って壮絶な戦いを繰り広げる超能力アクション・サスペンス。

« WOWOW「サッカー国際強化試合」鑑賞 | トップページ | ジョアン・サルバンス「史上最強バルセロナ世界最高の育成メソッド」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/46762659

この記事へのトラックバック一覧です: 「PUSH 光と闇の能力者」鑑賞:

« WOWOW「サッカー国際強化試合」鑑賞 | トップページ | ジョアン・サルバンス「史上最強バルセロナ世界最高の育成メソッド」 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ