« 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」私的映画考Vol.205 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2009 Vol.5 »

2009/12/16

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第13節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第13節は以下の3試合を鑑賞しました。

R・マドリード 4‐2 アルメリア
デポルティーボ 1‐3 バルセロナ
エスパニョール 0‐4 ラシン

エスパニョールは、ホームでラシン戦。中村俊輔は、ベンチスタート。試合は、双方とも積極的に攻めるも、0-0で折り返します。47分、52分と立て続けに得点をあげるラシン。2‐0となり、53分には、ルイス・ガルシアと中村俊輔が交代。しかし、試合の流れを変えることはできず、失点は止められず4‐0で試合終了。2戦連続4失点の大敗。そして、四連敗。

バルセロナはアウェーでデポルティーボ戦。前半にメッシがゴールを決め、いつもの調子でいくかと思っていたら、38分に同点ゴールを決められてしまう。後半、バルセロナは69分、アンリに変えてペドロを投入。リズムの変わったバルセロナの猛攻が始まります。80分、88分とゴールを決め、3‐1でバルセロナの勝利。

バルセロナは、クラブワールドカップ出場のため、繰り上がり開催となった第15節ヘレス戦でも0‐2で勝利しました。

R・マドリードはホームでアルメリアと対戦。セルヒオ・ラモスの先制ゴールでこちらも安泰かと思っていると、波乱はやってきました。58分に同点になると、62分には逆転。その後、クリスティアーノ・ロナウドがPKを獲得するもファインセーブに阻まれますが、こぼれ球を途中出場のベンゼマが押し込みます。激しい打ち合いが続きます。結局、4‐2で レアル・マドリードの勝利でした。が、終盤、クリスティアーノ・ロナウドがこの日2枚目のイエローカードを受け退場。状況からいけば、もらわなくても良いカードでした。

バルセロナを追うレアル・マドリードは離されたくありません。しかし、未だ負けなしのバルセロナ。変則開催で15節を先に戦ったバルセロナは順調に勝ち点を伸ばしています。暫定ではありますが、勝ち点差は5点に広がっています。僅差で追随したいレアルですが、C・ロナウドがレッドカードで次節は欠場となります。どうなりますか?第14節は、2009年12月12,13日(現地時間)。

« 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」私的映画考Vol.205 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2009 Vol.5 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第13節:

« 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」私的映画考Vol.205 | トップページ | 地球一のサッカーを見よう!2009 Vol.5 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ