« 「ニュームーン/トワイライト・サーガ」鑑賞 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第12節 »

2009/12/07

2010FIFAワールドカップ組み合わせ決定

先日、来年に迫った2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会の1次リーグ組み合わせ抽選会が行われました。

シードチーム8チームに対して、アジア勢と北中米カリブ海勢、オセアニアのニュージーランドによる第2ポット、アフリカと南米勢による第3ポット、シード以外の欧州勢による第4ポットの順で抽選し組み合わせが決定。

グループA 南アフリカ、メキシコ、ウルグアイ、フランス
グループB アルゼンチン、ナイジェリア、韓国、ギリシャ
グループC イングランド、米国、アルジェリア、スロベニア
グループD ドイツ、オーストラリア、セルビア、ガーナ
グループE オランダ、デンマーク、日本、カメルーン
グループF イタリア、パラグアイ、ニュージーランド、スロバキア
グループG ブラジル、北朝鮮、コートジボワール、ポルトガル
グループH スペイン、スイス、ホンジュラス、チリ

日本は、オランダ、カメルーン、デンマークが入ったE組に決定。日本は2010年6月14日にカメルーン戦、19日にオランダ戦、24日にデンマーク戦となりました。総当たりの3試合の結果、勝ち点上位2チームが決勝トーナメントに進出となりますが、日本代表としては少々難しい組み合わせとなりました。

注目はブラジル、ポルトガルの入るグループG。レアル・マドリードに所属するクリスチャン・ロナウドとカカーの対決が見られかもしれません。グループDもかなり厳しい試合が予想されます。南米予選で苦戦したアルゼンチンはメッシ他のタレントがどこまで牽引できるか?勝ち上がれるかの分かれ目でしょう。強豪ひしめくグループDも混戦が予想されます。ガーナ、オーストラリア、セルビアにドイツがどう戦うのか?2位争いは必死です。

決勝トーナメント進出国を予想していくと、トーナメントもかなり見応えのある組み合わせになりそうです。その後も順当にいけば、やっぱり優勝はスペインが有力です。

グループリーグの組み合わせも決まり、まずはグループリーグ突破の目標を目指します。ワールドカップ開催までおよそ半年。この間、各国はどんな取り組みをして、どう強化するのか?グループリーグは負けないことが大切。勝てれば問題ないですが、戦力差が明らかである場合は、いかに負けずに引き分けに持ち込めるか、の戦術が必要になります。

2009年も終わろうとしていますが、今週からは、クラブワールドカップが始まり、盛り上がることでしょう。南アフリカもそうですが、時差があるため、中継が深夜から未明になるので、鑑賞が大変そうではありますが、楽しみは続きます。2010年はサッカーイヤー。楽しみに待ちましょう。

« 「ニュームーン/トワイライト・サーガ」鑑賞 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第12節 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010FIFAワールドカップ組み合わせ決定:

« 「ニュームーン/トワイライト・サーガ」鑑賞 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第12節 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ