« 「アバター」私的映画考Vol.206 | トップページ | 今日は仕事納め »

2009/12/26

PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その106

PSP 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威

「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」を始めて、まもなく2年。全13勢力すべてのシナリオで勝利し、一回りしましたが、キャラクター図鑑のコンプリートを目指して、引き続きプレイ中です。

今回の地球連邦軍編でのお題は、エゥーゴのリュウ・ホセイ。史実では、一年戦争時に戦死していますが、存命させる必要があります。

第一部をプレイしていると、ホワイトベース部隊の戦況が逐一報告されます。報告を受け、YES選択をし続け、この部隊を史実通り進めると言うのが定番ですが、どこかで、史実を変えて、部隊を解散させることができます。私は、たいていの場合、ベルファストで解散させて、ジャブローへのジオン軍侵入を防ぐようにしていました。

で、今回は、リュウ・ホセイの存命がお題ですから、ランバ・ラル隊との戦闘を回避しないといけません。史実では、マチルダさんの補給があったればこそ、ホワイトベース部隊の活躍があったわけで、そこを絶てば、部隊の存続はできません。

なので、マチルダさんの2回目の補給進言を却下、NOを選択します。そうすれば、ランバ・ラル隊とはまともに戦うことができずに、解散となります。ホワイトベースを失うことにはなりますが、一部のモビルスーツと、キャラクターを使うことができますし、リュウ・ホセイも生き残ります。

その後は、通常のプレイをしていきます。第2部途中にはリュウが復帰し、第3部まで戦い抜いてくれます。無事、完全勝利し、キャラクター図鑑にエゥーゴのリュウ・ホセイが表示されるようになりました。

いよいよキャラクター図鑑コンプリートへの道も大詰め、最後の一人は、カミーユ・ビダンの父フランクリン・ビダン。史実では「Zガンダム」の序盤で戦死してしまいますから、こちらも存命させる必要があります。と言うことで、現在は、ティターンズ編をプレイ中です。

今年2009年も残りわずか。今年も飽きずに良くやりました。新たな目標もまもなく達成となりますが、この先はどうしますか。アニメシリーズの新作「ガンダムUC」が制作中ですが、こちらも宇宙世紀の続編ですから「ギレンの野望」のさらなる新作の発売もあり得るでしょうか?来年2010年も、しばらく続きます。

PSP 機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威V

« 「アバター」私的映画考Vol.206 | トップページ | 今日は仕事納め »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSP「ギレンの野望 ジオンの系譜」その106:

« 「アバター」私的映画考Vol.206 | トップページ | 今日は仕事納め »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ