« 9台目のHDDレコーダーBDZ-RX100 | トップページ | 今日は仕事始め »

2010/01/05

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第14節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第14節は以下の2試合を鑑賞しました。

バルセロナ ‐ エスパニョール
バレンシア ‐ R・マドリード

バルセロナはホームでエスパニョール戦。本拠地をバルセロナに置く2チームが激突するバルセロナ・ダービー。メッシはケガのため欠場。中村俊輔はベンチスタート。圧倒的なボール支配率でバルセロナペースで試合は進みます。39分、微妙な判定でしたが、シャビがPKを獲得。イブラヒモヴィッチが決めてバルセロナが先制します。

後半に入ってもバルセロナの優勢は続きますが、エスパニョールはカジェホン、ハビ・マルケスを途中出場させ反撃に出ますが、決定力を欠き得点できません。メッシを欠いたバルセロナも何とか逃げ切ったという感じで、そのまま1-0で試合終了。結局、バルセロナのサッカーに憧れているという中村の出番はありませんでした。

R・マドリードはアウェーでバレンシアと対戦。レアル・マドリードは、前節の退場により出場停止となったクリスティアーノ・ロナウドが欠場。カカも負傷で欠くと言う状況。前半こそ0-0で折り返したモノの、後半は壮絶な打ち合いとります。結局3-2でレアルが勝利しました。

ダービー対決は何があるかわかりません。メッシを欠いたモノのボール支配率で上回るバルセロナでした、試合展開はかなりの接戦でした。あの試合展開であれば、もっと大差になっても良かったのでしょうが。

一方のレアル・マドリードもC・ロナウド、カカを欠きますが、選手層の厚さでカバーをし、何とか勝利をつかむことができました。まだ前半戦ですが、1位のバルセロナにこれ以上差をつけられる訳にはいきません。第15節は、2009年12月19,20日(現地時間)。

« 9台目のHDDレコーダーBDZ-RX100 | トップページ | 今日は仕事始め »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第14節:

« 9台目のHDDレコーダーBDZ-RX100 | トップページ | 今日は仕事始め »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ