« 「サロゲート」鑑賞 | トップページ | 「Dr.パルナサスの鏡」鑑賞 »

2010/01/25

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第18節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第18節は以下の3試合を鑑賞しました。

バルセロナ - セビリア
ビルバオ - R・マドリード
オサスナ - エスパニョール

バルセロナは、ホームでセビリア戦。前半は、激しい攻防が続くモノの、両者一進一退で得点には結びつきませんでした。後半はバルセロナの一方的な攻撃力が爆発。49分、オウンゴールで先制し、70分にはシャビの見事なスルーパスを、ペドロが決めて2点目。ペドロはここ数試合絶好調!出れば得点するという感じで、のりにのっています。終盤にはメッシが立て続けに2ゴールを決め、終わってみれば、4-0でバルセロナの圧勝でした。メッシの切れぶりが良かった。

レアル・マドリードは、アウェイでビルバオ戦。気合いの入ったビルバオに圧倒されたのか、開始早々ピンチを迎えるレアル・マドリード。CKから、フェルナンド・ジョレンテが頭であわせてゴール。ビルバオが先制します。バルセロナとの差を広げられるわけにいかない、R・マドリード。必死の攻撃を見せますが、ビルバオの気合いは後半になっても衰えることなく、得点できません。いらだつ、C・ロナウド。決定的なチャンスがポストに阻まれることが続くと、まず勝てません。結局そのまま試合終了。1-0でビルバオの勝利となりました。

エスパニョールは、アウェイで、オサスナ戦。中村俊輔はベンチスタート。開始早々の前半7分、オサスナMFフアンフランにきれいにミドルシュートを決められてしまいます。その1分後にはさらに得点を決められ、2失点。そのまま折り返します。後半からは中村俊輔が途中出場。攻撃の起点となるべく、積極的にプレイするも、得点には結びつけることができません。良いセンタリング、パス出しもありましたが、連係がうまくいっていないのか、決定機を作ることはできませんでした。結局、序盤の2点を守りきったオサスナの勝利となりました。

首位バルセロナが、セビリアに大勝し、2位レアル・マドリードが、ビルバオに敗れ、首位との勝点差は5にひらいてしまいました。次の19節で折り返しとなりますが、これ以上差を広がられてくない、レアルは、どう挑むか?

中村俊輔の所属するエスパニョールは、後半開始から出場したものの、得点に絡むことができませんでした。今後も少ない出場のチャンスを活かさないといけません。21節にはレアル・マドリードとの2度目の対戦を控えていますから、今度こそ、ぜひともフル出場してもらいたいモノです。バルセロナ戦には不出場でしたからね。第19節は、2010年1月23,24日(現地時間)。

« 「サロゲート」鑑賞 | トップページ | 「Dr.パルナサスの鏡」鑑賞 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第18節:

« 「サロゲート」鑑賞 | トップページ | 「Dr.パルナサスの鏡」鑑賞 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ