« プリウスくんが行く!Vol.88 | トップページ | 「悲夢」私的映画考Vol.209 »

2010/02/11

リーガエスパニョーラ09-10シーズン第21節

2009年8月29日(日本時間30日)から、スペインサッカーリーガ・エスパニョーラ09-10シーズンが開幕しました。今年もWOWOW(191ch、BS5ch)で放送中。

昨シーズンは圧倒的な強さのバルセロナが3年ぶりの優勝を果たして幕を閉じました。今年はC・ロナウド、カカーと大型補強をしたレアル・マドリードとのデッドヒートが見物になるでしょう。サッカー日本代表の中心選手である中村俊輔のエスパニョールも大注目です。

WOWOWでは、注目のバルセロナ、レアル・マドリード、エスパニョールの試合を中心に毎節4試合を放送。生放送、ハイビジョンで放送。リピートもあり。第21節は以下の2試合を鑑賞しました。

R・マドリード - エスパニョール
バルセロナ - ヘタフェ

バルセロナはホームでヘタフェ戦。バルセロナは序盤から主導権を握り、攻撃を仕掛けます。5分、メッシがペナルティーエリアの外から鮮やかなミドルシュートを決めバルセロナ先制。しかし、25分、危険なスライディングをしたピケがレッドカードで退場。一人少なくなったバルセロナですが、そんな人数差を感じさせない攻撃力で、ゲームを支配します。

後半、セルヒオ・ブスケツを投入し、守備を固めをしますが、攻撃をゆるめることはありません。66分、メッシからパスを受けたシャビが冷静にネットを揺らしゴール!これは美しかった。後半ロスタイムにはカウンターで飛び出した選手にマルケスがスライディング。これが危険なプレイとして、レッドカード。勝利は確定的だっただけに、もったいないプレイでした。PKを決められ、2-1に。そのまま試合は終了。少々荒れた、痛い試合でした。

レアル・マドリードはホームでエスパニョール戦。中村俊輔が新銀河系軍団に挑むという口上で盛り上げてきましたが、ケガが回復せず、3試合連続で招集外。残念な結果でした。C・ロナウドも前節に続いて、欠場。開始早々の5分、コーナーキックからセルヒオ・ラモスがヘディングであわせてゴール!ドンピシャでした。29分、グラネロのヘディングシュートをGKカメニがはじき、転がったところをカカーが押し込んで2点目。

こうなると、エスパニョールはカウンターしかありません。しかし、少ないチャンスを活かせず得点にはなりません。後半ロスタイムにイグアインがゴールを決め、だめ押し。3-0となります。そのまま試合は終了。カカーの奮闘、起点となるグティのボール出しが光っていました。

いまだ無敗で快進撃を続けているバルセロナですが、負傷者が多い中、今節2人の退場者を出してしまいました。次節以降、苦しい台所事情となりそうです。エスパニョールは、GKカメニの守護神ぶりが復活したと思っていましたが、いかんせん攻撃力の違いにより大差がついてしまいました。中村俊輔の復活はいつになるのか?レアルも負傷者が多い中、それを補う攻撃陣の厚さが、かみ合いはじめ、おもしろくなってきました。第22節は、2010年2月13,14日(現地時間)。

« プリウスくんが行く!Vol.88 | トップページ | 「悲夢」私的映画考Vol.209 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リーガエスパニョーラ09-10シーズン第21節:

« プリウスくんが行く!Vol.88 | トップページ | 「悲夢」私的映画考Vol.209 »

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ