« 春近し | トップページ | 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」鑑賞 »

2010/02/27

2010.02映画鑑賞総括

2月の劇場での映画鑑賞は8本。今年の累計13本。今月はやや少なめで推移しました。

0201   オーシャンズ
0205   パラノーマル・アクティビティ
0208   インビクタス/負けざる者たち
0215   バレンタインデー
0217   ラブリーボーン
0219   恋するベーカリー
0222   マッハ!弐
0226   パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

今月は、アクション、サスペンス、ファンタジー、ドキュメンタリーとバラエティに富んだ作品がありました。

強烈でしたが良かったのが「パラノーマル・アクティビディ」。低予算で作られた新感覚ホラーサスペンス作品。ドキュメンタリー風のホームビデオの映像を編集し、つなぎ合わせた感が、リアル感を誘い、その映像の中で起こる脅威の出来事が、恐怖感をあおります。ざわざわとする感覚に終始つきまとわれながら鑑賞し、時折、本当に鳥肌が立ちました。

文句なしで良かったのが、「インビクタス/負けざる者たち」。「チェンジリング」「グラントリノ」のクリント・イーストウッド監督作品。最近、実に良い作品を作っているイーストウッド監督。役者上がりだけに、ナチュラルな演技がとても良いです。本作は実話を元に構成されていますが、それだけに、得も言われぬ迫力に満ちていました。そして、感動的。

最近、ハリウッド映画にたびたび登場するプリウスくん。ついに、「バレンタインデー」では新型プリウスが登場しました。他にも、「恋するベーカリー」にも登場。エコカーブームがこんなところにも反映されていると言うところでしょう。

来月3月は、今月始まってまだ観ていない作品を観て、その後は、「しあわせの隠れ場所」「シャーロック・ホームズ」「噂のモーガン夫妻」「NINE」「ダレン・シャン」と豪華なラインナップが続きます。ロバート・ダウニー・Jr主演の「シャーロック・ホームズ」ですが、予告編で見る限り、小説で読んだホームズとはイメージがだいぶ違って、硬派で人間くさい感じがしますが、まあ、いろいろなホームズがいても良いでしょうから、これはまたこれで楽しみです。

« 春近し | トップページ | 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」鑑賞 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/47660089

この記事へのトラックバック一覧です: 2010.02映画鑑賞総括:

« 春近し | トップページ | 「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」鑑賞 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ