« 「パイレーツ・ロック」私的映画考Vol.207 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第19節 »

2010/02/02

「オーシャンズ」鑑賞

先日、「オーシャンズ」を観てきました。ジャック・ペラン、ジャック・クルーゾー監督作品。ナビゲーター:宮沢りえ。

北極海から南極海、サンゴ礁に彩られる美しい海、冷たい氷で覆われた海など、世界各地の海にいる生物たちの姿をとらえる。猛スピードで泳ぎ、ジャンプするイルカ、ゆっくりと海の底へと沈んでいくマンタ。雄大に泳ぐクジラ。神秘の世界・海に息づく生命たちをとらえていく。そして、そこに生きる命を守らなければならない。

画期的な映像システムを駆使して、撮影された映像は、実に美しいです。それは、まさに青い宇宙。海の中は宇宙のように神秘に満ちていて、知らない世界がまだまだあるのです。世界50か所、100種類以上もの海洋生物が撮影されていて、珍しい映像も多々ありました。その奇妙な生き物たちは、まさにエイリアン。青い宇宙をただよう異星の生き物のようです。

青い宇宙を飛ぶように優雅に泳ぐ姿は、荘厳さを感じます。そして、その生き物たちは、今、絶滅の危機に瀕しています。もう、絶滅してしまった生き物もいます。海の生き物たちは、それぞれに懸命に生きていて、その生き物たちと共存していかなければいけません。その中で調和の道を歩んで行くことが、我々の使命なのかもしれません。

ただ、美しい映像が羅列されているような感じで編集されているのが惜しい気がしました。ドキュメンタリー作品なので、ストーリーらしきモノがないのは仕方がないのでしょうが、「アース」と比較すると乏しいように思いました。が、そこにあるテーマは感じ取ることができましたし、映像の美しさは一級品ですから、ぜひとも親子でご覧いただきたい作品です。世界中の海を取材したネイチャー・ドキュメンタリー。

« 「パイレーツ・ロック」私的映画考Vol.207 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第19節 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102027/47309319

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーシャンズ」鑑賞:

« 「パイレーツ・ロック」私的映画考Vol.207 | トップページ | リーガエスパニョーラ09-10シーズン第19節 »

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ